グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 診療科のご案内  >  呼吸器外科

呼吸器外科

診療科責任者、当科の基本方針、クリティカルパスなどについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

丹羽 宏 副院長、呼吸器センター長

丹羽 宏 院長補佐、呼吸器センター長

棚橋 雅幸 部長

棚橋 雅幸 部長



当科の基本方針

当科では、evidenceに基づいた最新の治療をおこなうことを基本とし、患者さん、ご家族に、手術あるいは治療の目的、方法、予測される結果を充分に説明し理解していただいてから治療をおこなっています。インフォームドコンセントの充実には力を入れており、患者用クリティカルパスにより多くの情報を提供し、少しでも不安を取り除くようにしています。


クリティカルパス

クリティカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリティカルパスについてはこちらをご覧ください。



研究テーマ

肺癌の拡大手術
パンコースト肺癌のアプローチ法
肺癌に対する胸腔鏡下手術
肺癌に対する術前、術後化学療法
肺癌検診の有用性
中枢気道狭窄に対する内視鏡的治療
縦隔腫瘍手術
胸腺腫治療
重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術
手掌多汗症に対する胸腔鏡下交感神経焼灼手術



呼吸器外科対象疾患

肺癌、自然気胸、膿胸、結核、感染性肺疾患、肺真菌症など

胸腔鏡手術を中心におこなっています

縦隔腫瘍、重症筋無力症、胸部外傷、手掌多汗症



スタッフ

 職位卒年専門領域・認定医・専門医
丹羽宏院長補佐
呼吸器センター長
1978年日本呼吸器学会指導医/専門医
日本呼吸器外科学会指導医/専門医
日本外科学会指導医/専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
日本胸部外科学会指導医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症 指導医
棚橋雅幸部長1993年日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会認定医/指導医/専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
日本がん治療認定医機構認定医/暫定教育医
臨床呼吸機能講習会臨床呼吸機能基礎コース修了
臨床研修指導医講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
雪上晴弘医長1995年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会指導医/専門医
日本がん治療認定医機構認定医/暫定教育医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
鈴木恵理子医長1998年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会修了
吉井直子医長1999年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
日本がん治療認定医機構認定医
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会修了
設楽将之医長2004年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
肺がんCT検診認定医師
日本がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
藤野智大医師2012年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
上沼康範医師2014年 
2016年12月2日現在


概要

 呼吸器外科は専門医6名、後期研修医1名で構成されるチームです。専門医がそろっているので高度な手術と綿密な周術期管理が可能で、胸腔鏡手術、進行肺がん手術、高齢者手術など質の高い医療を提供しています。肺がんだけでなく縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、膿胸などにも豊富な手術経験があり、年間手術件数は約400件にのぼります。症例数が多いので呼吸器外科医のみでなく麻酔医、看護師、呼吸理学療法士も治療、ケアに精通しています。術前から呼吸理学療法、栄養指導を行い、多くの職種が参加したチーム医療に努め、術後合併症の発生を最低限に抑えています。当院は胸腔鏡手術や他臓器合併切除を要する進行肺がんに対する拡大手術を得意とし、特に進行肺がんについては化学療法、放射線療法と組み合わせた集学的治療を行うことにより成績向上を目指しています。
肺がんの手術成績は縦隔リンパ節転移の有無が大きく予後に影響するため、画像診断のみに頼るのではなく、必要な患者さんには縦隔鏡、超音波内視鏡(EBUS)を用いて的確な術前病期診断を得たうえで、臨床病期ごとに治療法を決めています。I、II期の患者さんには手術を第一選択とし胸腔鏡下手術を実施しています(年間約100例)。III期より進行した患者さんには病状に応じて術前化学療法または化学放射線療法を実施した後に手術を行ったり、術後に補助化学療法を加えたりしています。切除した病巣は極めて貴重なものであり、希望に応じて抗癌剤感受性試験、遺伝子検査等を実施し術後補助療法、再発時の治療の指標としています。2000年以降の1786例の5年生存率は74.1%で、病期別ではIA期92.6%、IB期80.1%、IIA期60.7%、IIB期50.0%、IIIA期46.9%、IIIB期19.1%です。




当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?