グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 病棟紹介  > おおぞら療育センター

おおぞら療育センター

おおぞら療育センター

おおぞら療育センター

おおぞら療育センター1~3号館は、重症心身障害児(者)の療養病棟です。
先天性、出生時、後天的などの障害により、言語的な意思疎通が困難な方、気管切開し人工呼吸器を装着している方、胃瘻等によるチューブからの栄養が必要な方など、様々な障害を抱えている方が入所されています。
​私たちは利用される方一人ひとりに対し、この尊厳を護り、障害に即した医療と質の高い生活の支援を目指した看護を提供しています。
Q1
おおぞら療育センターはどのような特徴がありますか?
A
肢体の不自由、知的障害、言語障害など様々な障害を持った方が生活しています。日常生活のほとんどを自分一人ですることができない為、健康管理や日常生活支援を行っています。

Q2
おおぞら療育センターの一番の魅力は何ですか?
A
入所施設の為、利用者さんの一生を支えます。
常にその利用者さんにとって良いことは何かと考え、支援しています。

Q3
今、一番力を入れていることは何ですか?
A
日中の過ごし方に力を入れています。
自分で動くことのできない利用者さんが、一人でいる時間に何が見たいのか、何を聞きたいかを考え、過ごす場所や、体の向き、顔の向きを考えて設定しています。

Q4
おおぞら療育センターはどのような職場ですか?
A
向上心があります。

Q5
おおぞら療育センター働くとどのような看護師になれますか?
A
利用者さんは、自分で気持ちを伝えることができない方ばかりなので、利用者の気持ちを察する事ができるようになります。