グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。

入所部門

入所部門についてのご案内です。


このページの目次


1号館

あすか

入所者17名(横地分類A1‐C:7名、A1:10名)、レスパイト入院・ショートステイ8名のゾーンです。
重度の知的障害及び重度の運動障害があり、ほとんどの利用者が人工呼吸器などの濃厚な医療的ケアが必要な利用者が生活しています。医療的ケアを含めた生活支援は、看護師が行っています。

利用者が安楽な生活を送るために、1つ1つのケアを丁寧に行えるように心がけています。また体の変形や拘縮のある方も多いため、利用者に合わせた体位交換や入浴方法の検討をし、実践しています。

日常活動では、利用者個々に合わせた歌いかけやタッチング・絵本の語りかけ・楽器を使ったリズム活動をしています。活動の中で、利用者が伝えるかすかな変化に気づき、利用者一人ひとりの楽しみや集中できる物は何かと考えて実践しています。


2016年4月



すばる

入所者14名(横地分類A1:10名、A2:2名、B1:2名)、ショートステイ2名のゾーンです。重度の運動障害と知的障害を持っています。生活を支援していく職員は、生活支援員で構成されています。

日課の中に活動という時間があります。利用者の気持ちが向き、心地良さや楽しさが感じられること、集中して取り組めることを選択しておこなっています。うたいかけやタッチング、絵本の語りかけなどを聴くことで、利用者の気持ちの高まりが生まれ、それが満足感や達成感につながるよう、個々に合った活動内容を考えています。私たちは利用者の生きがいにつながるような活動をおこなうこの時間を、とても大切な時間ととらえています。

活動以外では、よい食事と姿勢が生活の中で重要だと考えています。ほとんどの人が自分で姿勢を変えることができません。どのような姿勢が安楽であるかを考え、枕やマットで体に掛かる負担を軽減する工夫をしています。また、視線の先に何が見えるか、どういう音を聞いているかを考え、過ごす場所や体の向き、周囲の人の動きに配慮をして生活をつくっています。食事場面では、個々に合わせた姿勢、食形態、介助方法を見直し、良い生活に繋がるよう支援しています。


2016年5月



だいち

だいちは重度の知的障害で運動障害はほとんどない人たち14名(B3-B:1名、B6-D:1名、B6:3名、A5:4名、A6:5名)が生活しています。担当職員は、生活支援員で構成されています。

重度の知的障害を持つ利用者の大半は、多動やこだわりといった、よい生活をするために問題となる行動があります。他利用者の行動にも影響を受けやすく、落ち着かない状況となることがしばしばあります。そのためリビングは、それぞれの過ごし方に合わせてソファーの位置を工夫して空間を仕切り、他者の行動が気にならないようにしています。また気分を変えるように散歩に出かけたり、少人数に分かれて過ごしたりすることもあります。食事はゆっくりと落ち着いて過ごせるように、少人数に分かれて摂っています。

日常活動では生活の中から見えてくる利用者の行動や表情から、利用者一人ひとりの楽しみは何か、障害を持つ利用者の心が満たされるとはどういうことかを考えて、実施しています。語りかけや歌いかけに意識を集中させて聞いている様子や歌いかけのリズムに乗って楽しんでいる人もいます。また、タッチングや語りの間を感じて期待が高まる様子が感じられることもあります。一人ひとりの興味関心に合わせたものを提供し、気持ちの高まりや満足感が得られるよう取り組んでいます。


2016年5月




2号館

こだま

利用者17名、うち学齢児が5名(横地分類A1-14名、A2-1名、A4が1名、B1-1名)ショートステイ3名のゾーンです。
室内を寝返りや車椅子移動できる方から人工呼吸器管理などの医療的ケアが必要な方まで障害の異なる方がいます。日中は個々の日課に合わせて2つのリビングに分かれて生活しています。生活を支援するスタッフは、生活支援員と看護師で構成されています。
リビングでは周りの人や音を意識できるように利用者同士の距離に配慮しています。また、隣の利用者が見えるように姿勢を工夫しています。
食事や入浴などは、利用者の特性に合わせ、心地よく過ごしていただけるよう丁寧にケアをすることを大切にしています。それには利用者の表情や視線から気持ちを感じることも大切だと考えています。
日常活動では利用者個々の感じ方や興味に合わせて、ひとりひとりが満足し、充実した時間が過ごせるように行っています。

2015年7月



うらら

利用者20名(横地分類A1:10名、A2:3名、A3:1名、B1:2名、B3:1名、B5:1名、B5-B:1名、C2:1名)ショートステイが3名のゾーンです。生活を支援する職員は、生活支援員と看護師で構成されています。
自力移動できる人から寝たきりの人、人工呼吸器管理などの医療的ケアが必要な方まで障害像の異なる人がいます。利用者20名のうち8名が小児です。日中は3箇所のリビングに分かれて生活をしています。リビングでは、5~6名の利用者でユニットを作っています。
小児の活動では、個々の発達にあわせた遊びをしています。子供たちは、お互いに近くにいる子の遊びを興味深そうに見たり聞いたりしています。また、成人の
利用者が子どもたちの様子に注目している場面もあります。
横地分類A1の方は人を感じる距離感を大切にし、隣の利用者の見える位置を考え姿勢作りをしています。リビングの中を自分で移動ができる人たちは、移動の妨げにならないような場所や空間を配慮しています。活動は満足できる時間となるよう、個々の感じ方、興味の視点から内容を考えて設定しています。



2016年5月



3号館

ほのか

ほのかは、入所者13名(横地分類A1‐C:5名、A1:8名)ショートステイ5名の18名のゾーンです。医療的ケアを必要とする利用者が多く、人工呼吸器管理を行っている方が9名いらっしゃいます。看護師20名が配置され、利用者の生活支援を行っています。入浴介助や排泄介助など、1つ1つのケアをやさしい手で丁寧に行うことを心掛けています。また、体の変形や拘縮のある方も多いため、利用者の体に合った方法で体の向きを整え、枕やクッションの工夫で安楽な姿勢作りを意識しています。
利用者1人1人、好まれることや感じ方は異なります。音の出るおもちゃを楽しむ方や、絵本の読み聞かせを楽しむ方、手遊び歌を楽しむ方など一人一人に合わせた方法で気持ちが高まり、楽しく過ごせる時間を提供しています。
その他にも、スヌーズレン(暗闇のなかで、光の変化を楽しむ)ルームで変化する光を提供したり、音楽を提供したりします。気候がよい時は車椅子でお散歩にも出掛けます。
日々の生活の中で、利用者1人1人が少しでも心地良く、楽しい生活が提供できるようにチームで話し合い、取り組んでいます。


2015年7月



あおば

あおばは、入所者19名(横地分類A1:6名、A5:1名、B1:3名、B3:1名、C1:2名、C4:1名、D1:1名、D2:1名、E1:1名、E6:1名、TLS:1名)、ショートステイ3名のゾーンです。
あおばの利用者は寝たきりの方から、自力移動ができる方まで様々です。利用者19名のうち9名が小児です。訪問教育を受けている学齢期の利用者が4名、西部特別支援学校に通学している利用者が1名います。また常時人工呼吸器を必要とする方も、吸引や経管栄養などの医療的ケアの必要な方も多くいます。生活を支援するスタッフは生活支援員と看護師で構成されています。
日中は2つのリビングに分かれて過ごしています。小児は、子供同士のやりとりや関わりが持てるように同じリビングで過ごしています。隣にいる子供の遊びに興味を持ち、よく見ていたり動きのある子は真似をしたりしています。成人の利用者は子供同士の関わりを見て表情を緩ませている時もあります。
利用者の中には言葉でのコミュニケーションが取れない方もいます。表情や視線、しぐさなどから、一人ひとりの気持ちに添った関わりを持つことを大切に考えています。
日常活動は、利用者の生活で最も重要な時間と考え、個々の感じ方や興味に合わせてひとりひとりが満足し、充実した時間が過ごせるように行っています。


2016年5月



ほくと

ほくとは、利用者17名(横地分類A3:3名、A4:8名、A5-B:1名、A5:2名、A6:1名、B4:1名、C4:1名)、ショートステイ1名のゾーンです。生活を支援するスタッフは生活支援員で構成されています。

重度の知的障害を持ち言葉でのコミュニケーションが困難です。運動障害は四つ這いで移動する方やいざって移動する方、歩行できる方など自ら動くことのできる方が多く生活しています。ゾーンは扉で区切られた2つのリビングに分かれており、それぞれ9名、10名の利用者に分かれて生活をしています。小人数の生活の中で、安全に安心して生活できるような環境整備を心掛けています。また、平穏に生活する上で問題となる行動もあるため、利用者間のトラブルがないように付き添ったりスタッフ間で声を掛け合ったりしています。

日常活動の時間は、豊かな生活を支援していく上で重要な時間です。ひとりひとりが楽しいと思うことを個々に設定しておこなっています。目を輝かせて見ていたり、聴き入るように耳を傾けたりするような価値ある時間となるよう考え、短い時間でも充実した楽しい時間が持てるようにしています。

安全な環境を作ることや利用者に合った楽しみを設定することは、利用者をよく知らなければできないことです。重度の知的障害者の理解は容易ではありませんが、日々の関わりを通して利用者理解を深め、より豊かな生活ができるように取り組んでいます。


2015年7月



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?