グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2013年9月

2013年9月

2013年9月の情報がご覧いただけます。


地震防災訓練を行いました

【怪我の状態を判断しトリアージを行っています】

9月26日、院内にて地震総合訓練を実施しました。
今回は、東日本大震災において災害対応をした医療現場と、行政の情報等を参考に災害対応マニュアルを変更し、新しいマニュアルでの初めての訓練です。
当院は災害拠点病院であり、参加した240名の病院職員は、万が一に備えて本番さながらの訓練を実施しました。
約70名の模擬患者のけがの状態を瞬時に判断し、適切な治療を受けられる救護所へ搬送を行いました。

2013年9月26日

【本部では各部署からの情報を収集します】

【模擬患者さんには、メイクを行います】


地震防災訓練に向けて

9月13日、今月下旬の地震防災訓練に向けて、勉強会を開催しました。

今年度の訓練から、傷病者受け入れ場所のレイアウトや、各伝令用紙の書式が変更となったため変更点を一つ一つ確認しました。

訓練当日は、被害状況の一つに『全館停電』を想定しているため、院内災害対策本部~各救護所~各病棟間のやりとりは全て伝令用紙を使用することになります。
スムーズな状況把握、患者搬送のためには正しい伝令用紙を、素早く届けることが必要です。

また、勉強会後は救命救急センター長の早川医師による講義を実施し、
多数傷病者発生事例について100名以上の職員が耳を傾けました。

地震防災訓練は9月26日に実施予定です。
院内放送等ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2013年9月18日


平成25年度 第1回メンタルヘルス講座

9月5日、院内大ホールにて安全衛生委員会主催の『メンタルヘルス講座』を開催しました。
メンタルヘルス関係の講座は、健康保険組合の保健師さんをお招きし、年に3回、対象職員やテーマを毎回変えながら開催しています。
第1回目となる今回は管理職職員を対象にし、3人一組でロールプレイを実践しながら、職場復帰を支えるポイントを学びました。

2013年9月6日


絵画展-聖隷厚生園讃栄寮 プチ宝石箱展-

2013年9月3日(火)から9月30日(月)まで、院内の『患者さんのための医学情報プラザ」において『聖隷厚生園讃栄寮 プチ宝石箱展』が開催されています。

聖隷厚生園讃栄寮の絵画サークルの皆さんによる作品7点が展示され、
カンガルーの絵やシロクマの絵、「太陽の塔」など、
様々な絵により医学情報プラザを訪れる方々の心を和ませてくれます。

この絵画サークルは市内の画家中道芳美さんが講師を務めており、毎年素敵な絵画をプチ宝石箱展に届けていただいています。

期間内に当院へお立ち寄りの際は、是非のぞいて見てください。


2013年9月3日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?