グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2017年度

2017年度

医療安全月間

10月は医療安全月間として、全職員を対象とした様々な講演・研修を行います。

13日には藤田副院長による医療安全教育講演会行いました。

多くの職員が参加をし、医療安全について改めて考える機会となりました。

平成29年10月13日

ポットマムの贈り物

10月13日、浜松市立庄内中学校の生徒さんがポットマム(鉢植え菊)を届けてくださいました。

院内薬局前の窓際にメッセージとともに飾ってありますので、ご覧ください。

平成29年10月13日

地震総合訓練を行いました。

9月13日(水)に地震総合訓練を行いました。

昨年までは発災から初動活動を考慮した訓練でしたが、
今年は5~8時間経過したところから長期活動へ備える訓練でした。

職員一丸となって災害に対処できるよう日ごろから意識を持ちます。

平成29年9月13日


☆芸術の秋☆

9月1日(金)から29日(金)まで、患者さんのための「医学情報プラザ」にてプチ宝石箱展を開催しております。

プチ宝石箱展は聖隷厚生園讃栄寮のご利用者様の描いた作品を展示しています。

お気軽にお越しください。

平成29年9月4日

社内報「聖隷」の取材を受けました。

今日は事業団本部の社内報委員の方がみえ、
次号の特集コーナー掲載する男性の育休休暇について取材を受けました。

対応してくれた看護師は、今年7月に1ヶ月間の育休を取得した経験者です。

育休休暇取得の際に、「引継ぎで注意したこと」「周りの反応」「奥さんの様子」などを丁寧に答えてくれました。

日本ではまだ男性の育児休暇の取得が難しい環境ではありますが、
徐々に改善されることを望みます。

平成29年8月28日

今年も献血カードをいただきました。

学生と病院スタッフとの記念写真

今年も浜松学生献血推進委員会様より、『献血者さんからのメッセージボード』を頂戴しました。

大型ショッピングモールで献血者さんからのメッセージを集め、夏らしいひまわりのメッセージボードにして贈ってくれました。

当院外来受付ロビー前に掲示されております。是非一度ご覧頂ければと思います。

平成29年8月25日

納涼祭開催!

ホスピス病棟で納涼祭を開催致しました。

刺激の少ない入院生活の中でも季節を感じ、
家族やスタッフと一緒に楽しんで思い出を作っていただけたらと思い毎年企画をしています。

お祭りの雰囲気を感じていただけるよう、
栄養課と協力し模擬店を出店したり、
病棟の医師と看護師が一緒にフラダンスの演し物をしたり、
多職種の協力を得ながら準備をしました。

今年は14名の患者さんが会場まで足を運んでいただき、
会場まで来られない患者さんはお部屋までスタッフが伺うことで、
幅広く楽しんでいただくことが出来ました。

平成29年8月18日

医師と看護師によるフラダンス

彫刻アートが彩りを添えます


日中火災訓練を実施しました

当院では毎年この時期に火災訓練を実施しています。

訓練は日中を想定したものと夜間を想定したものを交互に実施し、

今年は日中の年でした。

F3病棟を舞台に職員が火元の発見と消火から始まり、患者さんの搬送や誘導、職場内の伝令の仕方について再度確認を行いました。

災害はいつ起こるかわかりません。訓練を通して常日頃から災害意識を持つように努めています。

2017年7月12日

初期消火の様子

患者さん搬送のため他の病棟からストレッチャーを持ってきます


聖隷三方原病院認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」開講

7月4日、聖隷クリストファー大学にて第3期聖隷認定看護管理者教育課程ファーストレベルを開講しました。

受講者は3ヶ月にわたり、質の高い組織的看護サービスを提供するために看護管理者としての態度、知識、技術の習得を目指します。

2017年7月4日

開講式では院長や総看護部長からの挨拶がありました。

第3期生全員と記念の集合写真です。


☆大きな笹飾りを設置しました☆

毎年恒例、7月7日の七夕に合わせて正面玄関とF号館1階エレベーターホールに大きな笹飾りを設置しました。カラフルな短冊に彩られた立派な笹は、当院の夏の風物詩となっています。
笹の近くに短冊を用意していますので、願い事を書いてみてはいかがですか?

笹飾りは7月10日まです。

2017年6月29日

第10回聖隷三方原病院解剖体慰霊祭を執り行いました

 6月10日(土)午後一時より第10回聖隷三方原病院解剖体慰霊祭をイズモホール浜松弐番館にて執り行いました。慰霊祭は当院において病理解剖にご協力いただいた方々の御霊に対し、敬意と感謝の気持ちを表すものであり、4年に一度開催しております。
 当日は19名の病理解剖検体者のご遺族52名のご参列を頂き、病院長挨拶に始まり、検体者氏名奉読、ご遺族・当院職員による献花としめやかに故人を偲び執り行われました。
 ご参列いただきましたご遺族の方々を前に、ご霊前の御霊に恥じることのないよう、職員全員が今後も日々たゆまず、医療の向上に向けて精進することを誓いました。

2017年6月12日

新人防災訓練を行いました。

新入職員や異動者を対象にした防災訓練を行いました。

訓練は講義から始まり、初動訓練、消火栓の使い方、担架の使い方を学びました。

災害はいつ起こるかわかりません。

訓練を通して防災意識を高めていきます。


2017年4月20日

訓練は実技指導がメインです

担架の使い方を学びます


五月人形を飾りました。

昨年に続き今年も正面玄関に五月人形を飾りました。

記憶を頼りに設置したためか、思いのほか悪戦苦闘してしまいました。

最後はボランティアさんに手伝ってもらい、無事飾ることができました。

5月の連休中は飾ってありますので、少し足を留めご覧になってください。


2017年4月14日


みどりの通信がリニューアルしました。

 患者さん向けの広報誌「みどりの通信」を4月からリニューアルしました。「より読みやすく」を重視して様々な改善を行っています。

 従来の見開きタイプから冊子タイプにし、頁数も16ページから20ページに増えました。そのため文字も大きく太くすることができ、行間もしっかりとることができました。

 また毎月の特集ページに関連した診療科や病院で働く人たちを紹介するページも新しく設けました。これにより患者さんに医師や看護師、職員を身近に感じていただけたらと思います。


2017年4月3日

4月号の表紙

みどりの通信のキャラクター「みどりちゃん」


全体朝礼・辞令交付

当院では4月3日に全体朝礼と辞令交付が行われました。

4月1日付け採用者には、院長から代表者へ辞令が交付され、
続いて、施設間異動者、役職任命者、昇格者、施設内異動者、臨床研修ブラザーの任命が行われました。




2017年4月3日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?