グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  感染症・リウマチ内科後期研修プログラム

感染症・リウマチ内科後期研修プログラム

感染症・リウマチ内科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

感染症・リウマチ内科部長 志智 大介



メッセージ

当科は、設立は比較的新しく小じんまりした科ですが、感染症診療、感染症制御、関節リウマチや膠原病などのリウマチ性疾患など幅広く診療しています。これらは全身性に各臓器に多彩な問題を起こします。そのため総合内科的能力と専門領域能力の両方が必要です。丁寧な問診と診察で、全身性徴候に対応しないといけません。また担当領域の性格上、さまざまな診療相談を受けることも多く、現場でうまく情報のやり取りをして問題を抽出し、検索時術を駆使して良質のデータにアクセスし対応する力が要ります。珍しい病原体や臨床的な疑問に興味を持って調べ、こつこつと学習することが好きな人は合っていると思います。また特に初期研修医の感染診療や抗菌薬適正使用などの勉強会も主催しますので、人に教えることが好きな方が望ましいです。関係する各職場・職種との院内感染制御活動、エイズ担当者連絡会、リウマチ教室運営などを経験することでチーム診療が身につくと思います。感染症、エイズ、抗菌化学療法、リウマチ、など各専門医取得を目指すことも可能です。興味のある方はぜひ見学に来てください。

感染症・リウマチ内科部長 志智大介


→感染症・リウマチ内科ご案内ページへ

はじめに

感染症・リウマチ内科の後期研修としては、1)後期研修の内科のローテーション研修の一つとして数ヶ月間研修する、2)専門医取得を目指し4年間研修する、の2つの場合が考えられます。また2)の専門医取得に関しても、感染症専門医、リウマチ専門医、などそれぞれの領域での研修・取得も可能です。 それぞれの場合の研修目標、研修プログラムは以下の通りです。なお当科は総合診療内科から特化した科であり、一部総合内科疾患の診療も行います。



一般目標

1.感染症診断や治療などに関する基本を学び、適正に行える力の習得
2.海外渡航感染症やHIV感染症などの特殊感染症の診断、治療法の習得
3.関節リウマチや全身性エリテマトーデス、強皮症、血管炎症候群などの膠原病、自己免疫疾患の診断、治療法の習得
4.不明熱の病態に対して適切に対応でき鑑別診断を進めていく方法の習得
5.院内感染対策への理解と実践
6.研修期間は3年間を原則とし、研修終了後にはリウマチ学会専門医または感染症学会専門医を取得するよう推奨  (また日本内科学会認定総合内科専門医、抗菌化学療法認定医、インフェクションコントロールドクター(ICD)なども習得可能)


行動目標

1.患者および家族から病歴に必要な情報収集を行える(技能)
2.各種感染症の臨床的特徴と各々を疑わせるような自覚症状、身体所見(発熱、皮疹など)について理解し、患者診察ができる(知識)
3.関節リウマチおよび各種膠原病の臨床的特徴と各々を疑わせるような自覚症状、身体所見(関節痛、腫脹、レイノー症状、皮疹など)について理解し、患者診察ができる(知識)
4.免疫系の構成要素、働きについて理解する(知識)
5.関節リウマチおよび各種膠原病の診断、治療、さらに種々の状況によるリハビリテーションの指示が実践できる(知識・解釈・問題解決)
6.サイトメガロウイルス、深在性真菌等による日和見感染症、重症感染症の診断、治療について理解する(知識・想起・解釈・問題解決)
7.不明熱、原因不明の関節炎ほか種々の異常への問題解決へのアプローチができる(知識・想起・解釈・問題解決)
8.患者および家族へのわかりやすい説明(informed consent)ができる(知識・技能)
9.患者の持つ社会的、心理的問題解決能力を習得する(態度・技能)



方略

研修場所:病棟、外来、カンファレンス室、臨床検査室

1.毎日指導医との病棟回診およびカンファレンスを行い、収集した基礎データ(病歴、身体所見、過去の医療機関の資料、スクリーニング検査)が充分であるか確認し、患者の病態を検討し、治療方針を決める。
2.週1回、病棟にて医師、看護師、薬剤師、栄養士など全体で症例カンファレンスを行い症例検討会を行う。
3.患者の各種検査や、他科受診には原則として立ち会う。グラム染色標本をはじめ検査標本をすべて見る。この際不明な事は技師に、教えてもらう。
4.感染予防制御の基本、抗菌薬適性使用、グラム染色など細菌検査、等を適時に指導するので実践する。


 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
病棟ラウンド病棟ラウンド病棟ラウンド病棟ラウンド病棟ラウンド
午後病棟カンファ   病棟カンファ
夕方   膠原病リウマチ外来
(月1回)
皮膚科勉強会
(不定期)


評価

経験症例数、研修時の各医療スタッフからのフィードバック、上記に掲げた専門医資格、学会発表数、論文発表数などを総合的に評価



メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?