グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  総合診療内科後期研修プログラム

総合診療内科後期研修プログラム

総合診療内科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

総合診療内科部長 三澤 健太郎



メッセージ

総合診療内科の定義は場所によって様々ですが、私は「内科学に則って合理的な診療を行うことによって、主治医機能を果たす能力に優れ、総合病院の中で特に主治医機能を必要とする患者の診療にあたる医師」と考えています。
当科では総合病院における「振り分け科」ではなくて「引き受け科」を目標に、主に複数で複雑な病態を持つ患者、原因不明の症状所見のある患者、感染症、血液病、自己免疫疾患などの患者を診療しています。主治医として患者を担当しながら初期研修医の指導をする、「教えつつ学び、学びつつ教えること」による研修です。
現在全国的に総合内科医が働く場所が安定供給されているわけではありませんが、実は病院からの需要は極めて高いのです。自ら今後の総合内科のあり方を考え、病院と相談しながら新たな場所を作っていくような主体性を発揮できるやりがいのある分野です。

総合診療内科部長 三澤 健太郎



→総合診療内科ご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

総合病院において、入院患者の診療と外来診療をおこなう総合内科医になるための能力を養成する。総合内科は今日、一般内科・プライマリケア・スクリーニング機能を意味する言葉としても流布され、またその機能の診療科(部)として了解されている場合も見受けられる。しかし本来、総合内科医とは、内科学に則って合理的な診療をおこなうことによって、主治医機能を果たす能力に優れ、総合病院の中で特に主治医機能を必要とする患者の診療にあたる医師であると考える。医師教育上では、内科学に則った合理的な診療と主治医の機能について研修医を指導する役割も担う。

当科では、主に複数で複雑な病態を持つ患者、原因不明の症状所見のある患者、そのうえに社会的な問題のある患者、感染症、血液病、自己免疫疾患などの患者を診療していて症例は豊富である。実際に主治医として患者を担当しながら研修する。自らが学び同時に初期研修医を教えることを通して能力を身につける、すなわち「教えつつ学び、学びつつ教えること」が原則である。当科の上級指導医は主に考え方や学ぶ方向を指導するが、日々進歩する各専門分野のスタンダードを、各科やコメディカルから習得する環境にはたいへん恵まれている。主治医機能を果たすには、優れたシステムである総合プロブレム方式を使用する。このシステムは、診断、複数の疾患の管理法、カルテの記述法を含んでいて、現在最も優れたシステムであると考える。これを身につけて常に実践できることは、将来どのような役割の医師(何科の医師)になるにしても強力な武器になることを保証する。


研修内容と到達目標

患者の主治医となり、総合プロブレム方式によって診療をおこなう。総合プロブレム方式は、
1.情報の収集、2.情報の分析、3.判断・計画の立案、4.計画の実行、という診療の形式を示すことと、患者の持つ病気を永続的に登録して管理できることが特徴である。特に十分な情報をすばやく収集することと、患者ごとに病態を徹底的に理解することを心がける。初期研修医を配下とし、彼らと共に診療しながら指導する。適時カンファレンスをおこない、初期研修医が収集した基礎データ(病歴、身体所見、過去の医療機関の資料、スクリーニング検査)が充分であるか確認し、プロブレムを設定し、患者の病態を検討し、治療診断計画を立てる。
特に重要な診療方針の決定は、指導医も参加するカンファレンスで決める。週1回、科全体のカンファレンスをおこなう。
内科系の臓器別専門科での研修を、初期研修で十分に経験できていない場合は、3、4年次において1年のうち約6カ月間まで各科のローテンション研修も可能である。3年次は、週1~2回、4年次から週2回の外来診療をおこなう。

【1年目】
病棟患者の主治医の機能を適切に果たすことができる。総合プロブレム方式を理解し実践することができる。
臓器別専門医と適時に協力して診療ができる。
カンファレンスで総合プロブレム方式に則る症例提示ができる。
他の医療者に対して、事態を簡潔に説明し適切に指示をすることができる。
患者に穏やかに説明し理解させ、患者をパニックから救うことができる。
感染予防の基本、抗生剤の適性使用法、血液スメア標本及び細菌グラム染色の作成と観察法を初期研修医に指導できる。

【2年目】
初期研修医の指導に際して、その能力を把握し精神状態まで含めて管理できる。

【3年目】
内科学会内科専門医資格の取得に必要となる程度に多岐に渡る十分な症例を経験する。指導医の助力なしに、外来および病棟の診療ができる。内科開業も可能な程度に外来診療経験を積む。

【4年目】
総合内科医として自分を立たしめる。今後の総合内科のあり方や、医学医療への貢献を企図し得て、そこに自らの役割を見出せる。


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?