グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  救急科後期研修プログラム

救急科後期研修プログラム

救急科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

高度救命救急センター長・救急科部長 早川 達也
救急科部長 淺井 精一



メッセージ

「地域で求められる救急医療の実践」、これが当高度救命救急センターの活動目標です。これを第一線で実践する大きな力がドクターヘリです。ヘリコプターの機動力を生かし、迅速な初期対応を広い地域で実現するために、フライトドクターとして医師自らが救急の現場へ出向きます。現場で、救急隊員とともに初期診療に当たる中、地域の中で育てられていく自分を実感することになります。
そして救急外来では救急車を断らず、24時間365日にわたって各種疾患や各科にまたがるさまざまな救急患者を診療します。また、ICUでは外因性の疾患や多臓器にまたがる疾患について急性期の管理を行います。院内でのコメディカルも含めたチーム医療の実践、そして、他の医療機関・消防機関との連携の中での診療経験は将来の大きな糧になるでしょう。
そして、期間中静岡県立こども病院PICUなど、他の救急施設での研修も可能です。
地域の中の医療のあり方、チームの中での自分のあり方、後期研修の中で、しっかり追求していただきたいと思います。


高度救命救急センター長・救急科部長 早川 達也



→救命救急センターご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

当院は、静岡県西部ドクターヘリの基地病院を擁する高度救命救急センターである。ドクターヘリは年間400-600件の出動を行い、救急車搬入件数を年間約5,000件、walk-inでの受診数は年間20,000人を超える。病院前では消防機関と連携、病院内では各診療科と連携し1次から3次までの救急患者に対応する「ER型救急」を展開、さらに多発外傷等の重傷患者の集中治療を実践している。また、災害拠点病院の指定を受け、災害現場派遣医療チーム(DMAT)を編成している。こうした中で、「社会で必要とされる医療とは何か」を常に追求しつつ、最終的日本救急医学会救急科専門医資格、日本航空医学学会認定指導者資格を得ることを目的とする。
なお、勤務は完全シフト制とし、チーム医療を実践することで、適切な勤務環境を構築している。



プログラムの到達目標

ドクターヘリ出動医師として、あらゆる環境の救急現場で適切な診療を実践できる
1次から3次までの救急患者に対応する「ER型救急診療」を実践できる(チームリーダーとしての役割を果たすことができる)
多発外傷、中毒、蘇生後脳症など重症患者のICU管理ができる
消防機関に対して適切なメディカル・コントロールを実施できる
日本救急医学会救急科専門医資格を取得する
日本航空医療学会認定指導者資格を取得する



研修内容

原則として4年間のプログラム
上記目標に到達するため救急科専従業務として以下の3つの業務に携わる。
1.ドクターヘリ出動医師
2.救急外来診療(救命救急日当直)
3.救急科入院患者診療

【1~3年目】
救急科専従、尚他の救急施設(静岡県立こども病院PICUなど)で、研修可能である。

【4年目】
救急科スタッフと同等の業務
日本救急医学会救急科専門医資格取得、日本航空医療学会認定者資格取得
他の救急施設(静岡県立こども病院PICUなど)での研修が可能である。
尚、期間中研修指導医と相談の上、院内他科でのローテート研修が可能である

その他
救急科カンファレンス(毎日朝、夕)、症例検討会・抄読会など(月2回)、ドクターヘリ運営部会(月1回)、ドクターヘリ事後検証会(月1回)を定期的に開催
1~2年目の間にICLS・JPTEC・JATECコースの受講が可能
研修終了後は、救急科スタッフとして残留可能

(注)日本救急医学会救急科専門医の申請には以下の項目が必須である
  ・5年以上の臨床経験
  ・専門医指定施設において救急部門の専従医として3年以上の臨床修練
  ・日本救急医学会会員歴5年以上

(注)日本航空医療学会認定指導者資格取得には以下の項目が必須である
  ・指定施設において2年以上の勤務経験と90症例以上の症例経験
  ・日本航空医療学会会員歴3年以上



主な学会認定

・日本救急医学会救急科専門医指定施設 
・日本航空医療学会認定施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?