グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  小児科後期研修プログラム

小児科後期研修プログラム

小児科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

院長補佐・小児神経科部長 横地 健治
副院長・小児科部長 木部 哲也



メッセージ

後期研修医にとって何より大切なのは、将来専門分野に進む上で基盤となる総合的及び基礎的な臨床能力を養うことです。そのためには多種多様な症例をできるだけ多く経験し、主体的に関わる必要があります。Common disease、周産期医療及び小児神経疾患を多く診ている聖隷三方原病院と、高度周産期医療や悪性腫瘍、小児循環器疾患など三次的な医療も行っている聖隷浜松病院の両病院を経験できる合同プログラムは、大学病院などでしかできない特殊な医療以外の小児科臨床の大部分を網羅しており、その量と質において後期研修医の修練の場として最適であると思います。しっかりとした基礎力をつけたいと考えている人は是非見学に来てください。

副院長・小児科部長 木部 哲也


→小児科ご案内ページへ

→聖隷三方原病院・聖隷浜松病院共同後期研修についてはコチラ


プログラムの目的と特徴

総合病院において入院患者の診療と外来診療を行う小児科専門医になるための能力を養成する。高度な医療が求められる昨今、研修の場として専門性の高い医療機関を指向することは小児科でも例外ではない。しかしながら研修医に求められるのは、言うまでもなく将来の専門性を築く基盤としての総合力である。即ち、白紙の状態で病院を訪れたこどもにどのようにアプローチし、問題解決に導くのかが問われる。そのためには科学としての小児科学を熟知し、数多くの症例に主体的に関わり、それらを実践に生かす取り組みが大切であると思われる。
当科では、一般小児・保健、小児救急、周産期、小児神経の4つの柱において診療を行っておりそれぞれに置いて症例数は豊富である。複雑心奇形や血液悪性腫瘍、小児外科疾患、重症未熟児・新生児などは聖隷浜松病院に依頼している。看護部やリハビリを初めとするコメディカルスタッフは非常にレベルが高く学ぶことも多い。カンファレンスや勉強会などを通じて情報の共有を密に行い、チーム一丸となって問題に当たるよう心がけている。貴重な経験や研究成果など学会や論文発表も積極的に行うように指導している。



一般研修目標

小児のcommon diseaseについて幅広く経験し、標準的な医療を行えるようにする。
小児救急医療に積極的に参加し地域医療との連携の重要性を理解しその向上に務める。
乳幼児健診、予防接種などに関わり、小児保健医療を適切におこなえるようにする。
周産期二次病院における未熟児新生児医療に関わり標準的な医療を行えるようにする。
重症心身障害児(者)医療において適切な医療を行えるようにする。
学会発表、論文発表などを通じて、自らの診療内容や経験について適切に評価し意見交換などを通じて診療内容のさらなる向上に務める。



行動目標

1.一般小児医療、保健医療
(ア)外来及び入院診療を通じて小児で比較的よく見る疾患(各種感染症、アレルギー・免疫性疾患、神経疾患、消化器疾患、腎・内分泌疾患、循環器疾患、血液疾患、心身症、代謝栄養障害など)を症状や経過などから適切に診断し初期対応できるようになる。
(イ)基本的診断技術(一般検査、放射線学的診断、心電図、エコー検査、脳波など)を身につけより精度の高い診断に到達できるようにする。
(ウ)基本的治療手技(輸液、各種薬物療法、鎮静管理、呼吸管理、循環管理、栄養管理など)により頻度の高い一般的な疾患の治療を進める事ができる。
(エ)乳幼児健診、予防接種などを実践しその意義と問題点などについて正しく説明できるようになる。

2.小児救急医療
(ア)小児救急の現場で多い発熱、咳、喘鳴、腹痛、嘔吐などのありふれた症候について、その病態や意義を正しく説明でき、重篤な疾患(髄膜炎、敗血症、虫垂炎、腸重積、尿路感染症など)を見逃さず、適切に対応できるようにする。
(イ)小児救急現場で時に遭遇する痙攀重積、意識障害、急性呼吸不全、急性循環不全などの急性の危急的状態を正しく判断し対応できる。
(ウ)内科的疾患だけでなく外傷などの外科的疾患に対してもチーム医療の一員として積極的に関与できるようになる。

3.周産期医療
(ア)周産期における様々な疾患、病的状態、生理的状態などについて広く学び適切な対応ができるようになる。
(イ)ハイリスク分娩に単独で立ち会うことができ病的状態に対して適切に判断し対応できるようになる。
(ウ)各種検査法、診断技術(エコーなど)、治療技術を習得しより精度の高い医療を提供できるようになる。
(エ)場合によりフォローアップ外来などにも積極的に参加し短期的でなく長期的な視点でのアウトカムについて学ぶ。

4.小児神経学
(ア)神経学的診察、神経放射線学的診断法、各種生理検査を習得し様々な病的状態における神経学的問題に対して適切に対応できるようになる。
(イ)痙攣性疾患について適切に鑑別でき初期対応、場合によっては長期対応できるようになる。
(ウ)重症心身障害児医療などを通じて様々な程度の神経学的障害を持った児について正しく評価でき問題解決にあたれるようになる。


 

週間予定

当直医からの申し送り;毎日 8:30~
当直医への申し送り;毎日 17:30~
入退院報告;月曜日 14:30~
産婦人科との周産期カンファレンス;隔週木曜日 17:30
NICU回診;金曜日 16:30~
抄読会・勉強会;火曜日 18:00~


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?