グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  ホスピス科後期研修プログラム

ホスピス科後期研修プログラム

ホスピス科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

聖隷ホスピス所長・ホスピス科部長 井上 聡



メッセージ

がん対策基本法の成立に伴い、ホスピス・緩和ケアに対する社会のニーズは年々高まり、緩和医療が大きな注目を浴びています。
緩和ケアは、患者さんを臓器ごとに見るのではなく、総合的に身体的な苦痛や精神的な苦痛、さらには社会的な苦痛やスピリチュアルな苦痛まで全人的苦痛(トータルペイン)として評価し介入します。そのためコミュニケーション技術や職種を越えたチームワークの大切さも学ぶことができます。
患者さんやご家族とともに生命の意義を考えつつ、最後まで人間らしく尊厳をもって、有意義に生きぬくことができるように援助していきます。
全国的にまだまだ人材が足りない状況ですので、この分野で一緒に頑張りましょう。

ホスピス科部長 井上 聡


→ホスピス科ご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

がん対策基本法の成立に伴い、ホスピス・緩和ケアに対する社会のニーズは年々高まり、ホスピス・緩和ケア病棟や緩和ケアチームの増加がみられるが、研修できる施設は全国でもまだ限られている。当院における研修プログラムは、良質なホスピス・緩和ケアを提供できるように知識、技術、態度を身につけ、それにもとづいてホスピス・緩和ケアを実践し、啓発することができるようになることを目指している。



研修内容と到達目標

【一般目標】
良質なホスピス・緩和ケアを提供できるように知識、技術、態度を身につける。それに基づいてホスピス・緩和ケアを実践し、啓発することができる。



個別行動目標

1.疼痛マネジメント
1)痛みを全人的苦痛(total pain)として理解し、身体的だけでなく、心理的、社会的、スピリチュアルに把握することができる。
2)病歴聴取(発症時期、発症様式、痛みの部位、性質、程度、持続期間、推移、増悪・軽快因子など)や身体所見を適切にとり、痛みを適切に評価することができる。
3)痛みの定義や痛みの種類、典型的な痛み症候群、痛みのアセスメント、WHO方式がん疼痛治療法、鎮痛薬(オピオイド、非オピオイド)や鎮痛補助薬について正しく理解し、処方することができ、オピオイドの副作用に対して適切に予防、処置を行うことができる。
4)神経ブロックや放射線療法、外科的療法の適応と限界を判断することができる。

2.疼痛以外の症状マネジメント
1)症状のマネジメントおよびADLの維持、改善がQOLの向上につながることを理解し、症状の早期発見、治療や予防について常に配慮することができる。
2)各症状や状態の病態や治療法(薬物療法、非薬物療法)について理解し、適切に対処することができ、必要時に適切なセデーションを行うことができる。
3)心理社会的側面(心理的反応、コミュニケーション技術、経済的問題、家族問題、死別による悲嘆反応、自分自身およびスタッフの心理的ケア)、スピリチュアルな側面、倫理的側面、チームワーク、行政・法的問題について理解し、適切に対処できる。


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?