グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  眼科後期研修プログラム

眼科後期研修プログラム

眼科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

眼科医長 倉田 健太郎



プログラムの目的と特徴

1.このプログラムは、将来眼科を標榜する専門医となるための卒後3年〜5年の研修プログラムであり、指導医の監督下に、眼科主治医、眼科手術執刀医として診療をおこなえるようになることを目的とする。なお、本プログラムを終了することにより、日本眼科学会専門医制度の眼科専門医試験受験資格を得ることができる。

2.各年度の研修の達成度に応じて、次年度の研修内容を考慮する。


具体的研修目標

【1年目】
(1)外来初診患者の診察をおこない、さらに必要な検査を適切に選択できる。また、指導医に相談のうえ、治療方針が決定できる。
(2)比較的軽症の眼科救急診療の診断・処置が1人でできる。また、指導医の応援が必要な病状を判断出来る。
(3)指導医のもと、執刀医として霰粒腫摘出、翼状片手術、眼瞼・睫毛内反症手術(眼輪筋縫縮、Hotz法)等の前眼部手術がおこなえる。
(4)指導医のもと、レーザー治療がおこなえる。
(5)内障手術、網膜剥離手術、硝子体手術の眼球摘出術、眼球内容除去、眼瞼・眼窩瘍摘出の術式が理解でき、手術の準備と手術の助手がおこなえる。
(6)各種眼疾患の病態と治療についての知識を深め、病棟主治医として、指導医のもとに患者の経過観察と治療がおこなえる。

【2年目】(前年度の到達状況により異なる場合がある)
(1)初診患者の診察を最後までおこない、治療方針が決定できる。
(2)手術を受ける患者またはその家族に手術の適応・リスクを説明できる。
(3)病状を患者またはその家族に説明できる。
(4)主な眼科救急診療の診断・処置が1人でできる。また、指導医の応援が必要な病状を判断出来る。
(5)指導医のもと、主な斜視手術、白内障手術+眼内レンズ挿入術がおこなえる。
(6)各種眼疾患の病態と治療についての知識を深める。

【3年目】(前年度の到達状況により異なる場合がある)
(1)指導医のもと、未熟児網膜症の眼底検査・治療時期の決定ができる。
(2)指導医のもと、斜視患者の検査・治療方針・手術時期の決定ができる。
(3)主な眼科救急診療の診断・処置が1人でできる。また、指導医の応援が必要な病状を判断出来る。
(4)指導医のもと、執刀医として以下の前眼部手術がおこなえる。
眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋前転・短縮術)、前眼部腫瘍摘出手術
(5)指導医のもと、主な斜視手術、緑内障手術(線維柱帯切除術、線維柱帯切開)がおこなえる。
(6)指導医のもと、白内障術中合併症処理がおこなえる。
(7)網膜剥離手術、角膜移植手術、穿孔性眼外傷に対する手術の一部分の執刀ができる。
(8)その他の手術:穿孔性眼外傷においては、難治例を除いて、指導医の下に手術的治療がおこなえる。
(9)各種眼疾患の病態と治療についての知識を最新のものとするよう努める。
(10)指導医のもとに臨床研究をおこない、学会で発表後、積極的に論文として学会誌に投稿する。症例報告・学会誌への報告も積極的に続ける。


主な学会認定

・日本眼科学会専門医制度研修施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?