グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  麻酔科後期研修プログラム

麻酔科後期研修プログラム

麻酔科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

副院長・麻酔科部長・手術部長 高田 知季



メッセージ

麻酔科医を目指す後期研修医の先生はもちろん、後期研修をどうしようか悩んでいる将来身を委ねる専門科が決まっていない先生、また総合診療を目指している先生方、後期研修先に聖隷三方原病院麻酔科はどうですか。
近年、コンピューター、ネットワークシステムの普及と外部記憶装置容量の拡大など医療現場のインフラは大きく変化してきています。この変化によって、知識的にはいつでもどこでも多くの情報を得ることは可能になりましたが、医療者としての安全を担保できる正確な技術と経験を習得するには麻酔科臨床研修がお勧めです。
聖隷三方原病院麻酔科は年間3000症例以上の周術期管理を行っており、かつ、ペインクリニック、緩和ケア医療も積極的に行っております。症例は心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、整形外科など様々であり、ドクターヘリを擁した三次救急も行っていることから救急症例も多く経験できます。当科ではこれら症例の臨床を通じて、呼吸管理や循環管理などの周術期管理を習得することが出来ます。そして静脈穿刺(カテーテル留置)はもちろんのこと、動脈穿刺(カテーテル留置)、中心静脈穿刺(カテーテル留置)、硬膜外穿刺(カテーテル留置)、くも膜下穿刺などをストレスなくできるようにすること、気管支鏡操作や経食道心エコー操作などの技術を得ることが出来ます。また、症例の有する合併症の診断や評価など全人的医療を行えるようになります。
一方、ペインクリニックや緩和ケア医療を経験することも全人的医療を行う上で非常に役立ちます。将来、麻酔科医にならないとしても、どの分野で活躍する上でも役に立つ研修となります。麻酔科医やペインクリニシャンを目指す先生には責任もって専門医そして指導医へ導きます。情熱と好奇心あふれる研修医をお待ちしております。

副院長・手術部長・麻酔科部長 高田知季


→麻酔科ご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

麻酔科学を習得する目的のためのプログラムもしくはペインクリニックを習得する目的のプログラム。
当院は、日本麻酔科学会の麻酔科認定病院およびペインクリニック学会の認定医研修指定病院に認定されている。よって、2年間の後期研修により麻酔科標榜医と同時に麻酔学会麻酔科認定医としての資格を獲得することが出来る。さらに2年間の研修を終了すれば、日本麻酔学会の麻酔科専門医試験の受験資格を得ることが出来る。一方、日本ペインクリニック学会認定医の資格獲得も可能である。
生理学、薬理学等の基礎科学から全身管理や救急蘇生などの臨床医療における必須事項について習熟し、将来どのような進路をとっても役に立つ知識と技術を獲得することを目標とする。そして臨床麻酔およびペインクリニックを実践することによってGeneralistとしての幅広い知識を得て、臨床上必要な技術を身につけ成長することが出来る。



研修内容と到達目標

【1年目】
《研修内容》
術前患者評価および管理、術中管理、術後管理について麻酔科専門医もしくは指導医の指導のもと臨床にて実践的に学ぶ。くも膜下穿刺、硬膜外穿刺(カテーテル留置)、動脈穿刺(カテーテル留置)、中心静脈穿刺(カテーテル留置)などに関する知識および技術を習得する。
基本的麻酔管理の学習後はリスクを伴わない麻酔管理は予め検討された麻酔計画に従い研修医主導で行うことが可能である。リスクを伴う麻酔管理は麻酔科専門医もしくは指導医とともに管理する。
術後の呼吸管理および循環管理を学習し、また術後の疼痛管理を通じて急性痛にたいする対応を学習する。
麻酔に関する物理化学、薬理学、生理学などの基礎も学習する。

《到達目標》
各種検査結果(血液検査、画像診断、生理検査など)の理解が出来る。麻酔薬、血管作動薬など周術期に用いる薬に関する知識を得る。輸液および輸血に関して知識を得る。各手技に関する解剖や禁忌事項に関して知識を得る。これらの理解、知識のもと麻酔前に症例情報を把握し、症例の特徴およびリスクを理解し麻酔計画を作成できる。麻酔計画を説明し麻酔同意書を作成できる。麻酔計画に従い麻酔管理を行い、バリアンスが生じた場合は速やかに麻酔科専門医もしくは指導医に報告して、指示に従い対応できる(蘇生術が速やかに開始できることなど)。

【2年目】
《研修内容》
重症症例や緊急症例など高度の知識と技術を要する麻酔管理症例について麻酔科専門医もしくは指導医と共に麻酔計画をたて麻酔管理を行う。緊急手術症例を管理することにより救急医療に対する知識と技術を学習する。DAM(Difficult Airway Management)を実践する。気管支鏡および経食道心エコーの基本操作を学習する。また、希望する研修医はペインクリニックにおいて慢性痛、癌性疼痛の治療をペインクリニック専門医と行い、全人的な治療を学習する。

《到達目標》
1年目および2年目に得た知識を説明できる(後輩に指導できる)。
2年目終了時に麻酔科標榜資格、麻酔学会認定医資格を得るので、取申請を行い取得する。

【3年目以降】
心臓血管外科手術および分離肺換気手術以外の症例は原則として単独で麻酔管理できるように実践する。研修医の指導を行うことにより専門医としての訓練を行う。レジデント課程終了時は、麻酔科学会専門医認定試験に向けて勉強する。麻酔認定医資格取得後2年以上で麻酔科学会専門医認定試験の受験資格を得ることができるので、受験し専門医となる。麻酔科専門医取得後さらに麻酔科医として研鑚を希望するものは引き続き麻酔科研修を行い、麻酔科学会麻酔指導医の資格認定を得る。ペインクリニック専門医の取得も可能である。
麻酔科医として当院での学習および研鑚を続けるだけでなく、浜松医科大学麻酔蘇生科入局により関連施設での勤務も可能であり、学位取得も可能である。



主な学会認定

・日本麻酔科学会認定病院
・日本ペインクリニック学会指定研修施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?