グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 部門のご案内  >  看護部  >  看護目標

看護目標

看護目標についてのご案内です。


このページの目次


看護部門では目標を達成するため教育研修を企画運営し、また、各種委員会を組織して活動しています。
看護部門目標の柱は、次の5つです。


安全対策の強化

病院の3大危機とは、「医療安全」、「感染管理」、「災害管理」です。
患者様に安全な医療をお受けいただくために職員教育や事故発生予防を心掛けた運営をおこなっています。


患者認証システムをしている様子

安全な医療のために職員教育をおこない、ヒューマンエラー(人間に起因する、機械や装置・システムなどの誤作動)に対しては患者認証システムなどの工学機器を使用しています。


感染管理認定看護師

感染管理では感染管理認定看護師(日本看護協会認定)が専従で院内巡回をおこない、院内感染予防の啓発をおこなっています。


防災訓練の様子

防災訓練は院内と関連施設および地域の方の見学もあり、病院行事としておこなっています。研修も新人研修、中堅研修と役割に応じた訓練をおこないます。


医療人ですから救命処置技術(一次救命処置=BLS、二次救命処置=ACLS)も習得しています。


救命処置の様子

救命処置の様子



標準的看護の確立と実践

私たちは患者様の健康問題に対して看護援助を行います。そのため看護におけるインフォームドコンセントを推進し、患者様の自己決定する権利を尊重した関わりをおこないます。


相談をしている様子

チームで健康問題への援助をおこなうため、看護方式(看護を提供するチームのシステム)はチームナーシングと担当制としています。一部の患者様には担当看護師がつきます。担当看護師は入院から退院までを継続して受け持ち健康問題の解決や相談に乗ることが役割です。


看護実践のご案内

また、看護行為には基準があり、その行為で新しい知見が認められた場合は行為基準の改定をおこなっています。

私たちは患者様の“痛み”に対して敏感に感じとり軽減できるような看護を提供したいと思い、痛みのコントロールを標準化しようと考えています。



人材育成の充実

医療には良質なマンパワーが多く必要です。
当院ではいろいろな分野の知識や能力を持った看護師(ジェネラリスト)と特定分野を専門にする看護師(スペシャリスト)がいます。


認定講座修了証

職員には、認定看護師たちの開催する教育講座が人気があります。この講座は6回コースで、試験に合格すると名札に『○○教育講座修了』のシールを貼ることができます。病棟にこのシールを貼付した看護師がおりましたら是非ご活用ください。

4月には新卒看護師が多く入職しますので、ご迷惑もお掛けしますが、日々、看護師・助産師として育成しています。

「認定看護師」についてはこちらからご覧ください。



礼儀正しく思いやりのある接遇の実践

ホスピタリティの様子

病院=ホスピタルの語源はホスピタリティ(心のこもったもてなし。手厚いもてなし)だといわれています。
私たちは病院へお迎えした時からお帰りまでおもてなしの心を持って接していきたいと考えます。

看護職員個人が病院を代表する一人として接遇研修を実践しています。
気になる対応がありましたら、個人に注意していきたいと考えます。どうぞ職員の氏名を看護課長に教えてくださるようお願いいたします。



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?