グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 部門のご案内  >  医療技術部  >  薬剤部

薬剤部

薬剤部についてのご案内です。


このページの目次


薬剤部の主な業務は、調剤、製剤、医薬品情報、病棟での服薬指導に分かれています。 薬が適正に使用され、期待どおりの治療効果が得られ、問題となる副作用が出ないよう、「薬」を中心に様々な角度から医療チームの一員として携わっています。


調剤(外来・入院)

処方オーダリングシステムにより医師が処方した薬の量や飲み合わせ等を確認後調剤しています。錠剤は飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため全自動錠剤分包機により1回に飲む薬をまとめて包装しています。患者様には薬の説明書をお渡しし、必要に応じて更に説明をおこなっています。日本語が理解できない患者様には、英語、ポルトガル語、スペイン語の3カ国語の使用説明書をお渡しています。

現在、外来処方の約90%近くが院外処方になっています。かかりつけの薬局を決めて薬を調剤してもらうことにより、薬ののみ合わせや他科、他院からの薬の重複などがチェックされ、より安全に薬を服用することができます。尚、院外処方せんは有効期限があり、発行日から4日間となっています。



製剤

使用量が少ない、あるいは採算がとれないなどさまざまな理由で製薬会社で製造・販売されていない薬を医師とともに考案、部内にてクリーンベンチなどを用いて清潔な環境で調製(院内製剤品)し、患者様の同意のもと使用する、いわばオーダーメイド的な業務と、院内でよく使用されている消毒薬等を部内のオートクレーブにて滅菌調製して供給する、病院のいわば縁の下の力持ち的な業務を併せておこなっています。



注射剤の混合

病気で食事が摂れず栄養状態が偏った患者様のために点滴する輸液(高カロリー輸液)を部内のクリーンベンチにて、またがんの治療薬を外来注射室内安全キャビネットにてそれぞれ調製しています。その際、薬液の配合変化や、処方内容を確認しています。



薬剤管理指導

入院中の患者様の病室に伺って直接お薬の効き目や使い方、注意事項について説明をしています。正しい使い方を知って、間違いなく薬を使用していただけるようにひとりひとりに合わせた指導を心がけています。薬に関する疑問、質問にもお答えします。

さらに糖尿病教育入院時の糖尿病療養指導士として糖尿病薬の理解を深め適正に使用していただくこと及び緩和ケアチームの一員として患者様の苦痛を和らげることを目標に活動しています。

また直接の指導だけでなく、薬歴・検査データなどもみながら、相互作用(飲み合わせ)や副作用などをチェックし、お薬が安全に使用されるよう注意しています。



医薬情報(DI)

医薬品の情報を製薬会社、雑誌、海外文献、インターネットなどから収集、整理、保管しておき、医師や臨床薬剤師、看護師などの臨床現場からの質問に答えています。(薬の鑑別、副作用情報、飲みあわせ、注射薬の配合変化など)また、薬事委員会の事務局を務めており、薬事委員会報告、病院新採用薬紹介、DIニュースなどを印刷物や院内HPで情報を提供し、薬の適正使用を情報面でバックアップしています。



血中濃度解析

薬物の血中濃度を、コンピューターソフトを用いて解析し、患者様に最も適する投与量、投与間隔を医師へ報告しています。血中濃度解析を必要とする薬品には、副作用を生じやすい薬、投与量の調節が難しい薬などがあります。現在薬剤部では、主にMRSA治療注射薬剤であるバンコマイシン、ハベカシン及びタゴシットの血中濃度解析をおこなっています。



副作用カードの交付

多種類の医薬品が治療に用いられ、副作用は多様化してきています。

そこで、副作用を発生した薬剤が、当院はもちろん他の医療機関や薬局でも患者様に繰り返し使用されないために、患者様へ副作用(アレルギー)カードを交付しています。また処方・注射オーダリングシステムの個人情報登録により再投与が望ましくない薬剤は、再度処方される事の無いようにしています。

<施設基準認定事項>
無菌製剤処理加算認定施設(注射薬の無菌的調製)
薬剤管理指導料請求認定施設(入院患者への服薬指導等)


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?