グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > 臨床検査科

臨床検査科

診療科責任者

横道 直佑 医師

概要または責任者から一言

皆様は病院で採血や超音波の検査をされたことはありますでしょうか。それらが「臨床検査」に含まれます。臨床検査は、患者さんからいただいた検体を調べる検査と、患者さんの体を直接調べる生理機能検査に分かれます。
検体を調べる検査の主な例としては、大勢の方に馴染みのある採血や検尿があります。採血では赤血球や白血球の値から貧血や炎症の程度を調べたり、ナトリウムやカリウム、カルシウムなどの値から電解質のバランスを調べたりすることができます。尿検査では腎臓の異常に気付くこともできます。また、血液や尿、痰などを培養することで、病気の原因となる細菌などの微生物を調べたり、どのような抗生物質が効きそうかを調べたりすることもできます。 
一方、生理機能検査には、体に超音波を当てて臓器など体の中の様子を調べる検査や、心電図の検査が含まれます。健康診断で行われることもありますね。

当院では、このように多くの臨床検査が日々行われています。臨床検査科では、これらの検査を行っている臨床検査部門と密に連携しながら、検査結果のチェックに関わっています。また、院内の臨床検査をこれからも効果的に行えるよう、様々な職種のスタッフと一緒に検討する場に定期的に参加しています。さらに、医学は日々進歩しますので、医学的な知識を向上させられるよう、臨床検査部門のスタッフと一緒に院内勉強会を行っています。

ささやかではありますが、このような活動を通じて、安全で質の高い医療の提供に貢献できるよう、これからも努めてまいりたいと存じます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
横道 直佑医長2004年日本外科学会外科専門医
日本内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
ホスピス緩和ケア専門ドクター
日本緩和医療学会 緩和医療専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
がん専門医養成コース(高齢者がん分野)修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修履修