グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  人工関節  >  人工関節の手術

人工関節の手術

人工関節の手術のご案内です。


このページの目次


Q.どんな手術をするのですか?

A.変形した軟骨や骨を削り取り、その表面に金属をかぶせ、すき間に高分子樹脂(ポリエチレン)を入れる手術をおこないます。


Q.手術は痛くないですか?

A.手術中は麻酔をかけるため、痛みは感じません。当院では麻酔専門の医師が麻酔を担当するため、より安全に麻酔を受けることができます。


Q.手術時間はどれくらいですか?

A.実際に手術をしている時間は1時間から1時間半位です。手術前に準備をする時間があるので、病室を出てから病室に帰るまでは3~4時間程度かかります。


Q.入院期間はどれくらいですか?

A.平均2週間の入院期間です。


Q.跡は残りますか?

A.ひざのお皿(膝蓋骨)を中心に縦に約15cm程度の傷ができます。術後時間が経つにしたがって、痕はだんだん目立たなくなります。


Q.入院中の付き添いはできますか?面会時間はいつですか?

A.入院中は、スタッフが身の回りのお世話をいたしますので、お付き添いの必要はありません。面会時間は20時00分までとなります。


Q.リハビリはどんなことをするのですか?

A.膝の曲げ伸ばしの訓練や、足の筋力を鍛える訓練、さらに歩行訓練をおこないます。


Q.リハビリはどのくらいかかりますか?

A.手術翌日に車椅子に乗ることから始め、退院までおこないます。


Q.手術してから歩けるまでにどれくらいの時間がかかりますか?

A.早い人だと手術翌日から歩行可能です。一般的には術後2~3日で歩行可能となります。

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?