グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年2月

2011年2月

2011年2月の情報がご覧いただけます。


ひなまつり

正面玄関とエレベーターホールをつなぐスペースに、今年もボランティアの皆さまにお手伝いいただき、雛人形が飾られました。
華やかな雰囲気に足を止め、手作りのつるし雛をじっくり鑑賞される方もいらっしゃいます。少しずつ春の訪れを感じられるようになりましたが、院内でも春の雰囲気を感じていただけたらと思います。

2011年2月21日

鬼は外!福は内!

しっかり鬼退治できました

節分の日、F4病棟(小児科)から何やらにぎやかな声が聞こえてきました。病室を覗いてみると、そこには赤鬼、青鬼が!
入院中の子どもたちはビニールのボールを鬼の持っている箱に投げて「鬼は外~」と鬼退治をしました。みんなとってもいい笑顔をしていましたよ。

2011年2月3日

上手にできたよ

宮崎先生と野村先生
(普段はまじめな小児科医です)


メンタルヘルス講演会

2月3日救急棟3階大ホールにて安全衛生委員会主催の「メンタルヘルス講演会」が開催されました。
『新型うつとは』と題し、聖隷浜松病院の精神科部長生田孝先生にご講演いただきました。生田先生は日々外来で多くの患者さんと接していらっしゃるので、現在のうつの傾向など分かりやすく解説していただきました。
原因や症状、うつのタイプも様々で、「こう対応するのが正解」というものはないそうです。またうつ病になった人自身は、自分がうつだということに全く気づかないということもあるので、周りが思いやりの心をもって本人に気づかせてあげることも大切だというお話もあり、職場の仲間や家族・友人のちょっとした変化を見逃さないようにしたいと思いました。

2011年2月3日

聖隷浜松病院
生田先生

会場はいっぱいとなり
関心の高さが伺えました


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?