グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2011年7月

2011年7月

2011年7月の情報がご覧いただけます。


日中火災訓練

日中火災訓練が実施されました。
今回はA3病棟が火災発生場所と設定され、火元確認から消火、併せて患者の避難誘導訓練、隣接病棟では避難患者の受け入れ訓練と一連の流れを確認しました。

A3病棟では避難誘導のリーダーがたすきをかけ、火災発生の放送を聴きつけ続々と駆けつける職員に対し、メガホンを利用して指示を出し、人員の有効利用と患者さんの安全でスムーズな避難が実践できたようでした。患者受け入れ病棟となるB3病棟でも受け入れリーダーが設置され、避難患者の人数確認など迅速な対応がされていました。

2011年7月28日

全体を見て指示を出すリーダー

火元に近い患者さんから避難


救急医療講演会

2011年7月15日(金)福井大学医学部 地域医療推進講座 教授 寺澤秀一先生をお招きし、救急医療講演会が開催されました。
『ERで注意すべき感染症』と題し、先生の救急外来での体験談などを交え、とても分かりやすくご講演いただきました。院内、院外合わせて100名を超える職員が聴講しました。
 また東日本大震災発生日周辺の寺澤先生の活動や、目に見えない放射線への心構えを「汚染のある患者に1時間処置しても、胸部エックス線撮影時の被ばく線量の6分の1」と説明し、被ばく者の救命処置や搬送を躊躇することないようにと放射線医学知識についても解説されました。

2011年7月19日

プチ宝石箱展

7月1日(金)~7月29日(金)の期間、患者さんのための医学情報プラザにおいて『プチ宝石箱展』を開催しております。

今回は聖隷厚生園の利用者さんが描かれた草木や風景の絵画が10点飾られています。
どなたでもご覧いただけますので、外来の待合時などぜひお立ち寄り下さい。

2011年7月15日

エコな夏

今年の夏は節電の夏ということで、当院でもさらに力を入れて省エネ活動に取り組んでいます。
業務改善委員会から病院全体の省エネ目標が発表され、設備から見直したり、省エネパトロールを実施したりしています。

各職場でも自分たちにできることを考え意見を出し合い、ひとつひとつ実践しています。総務課では適切な照度を計測しながら、蛍光灯の間引きをしました。始めは「少し暗いかな」と思いましたが、すぐに慣れるものですね。
他にも小さなことですが、一人一人がコツコツと実践しています。

2011年7月4日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?