グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2010年2月

2010年2月

2010年2月の情報がご覧いただけます。


看護師密着取材 ③浅利陽介さんの取材

浅利陽介さんが取材にいらっしゃいました!笑顔がさわやか!
看護学生と患者さんとのやりとりや実習場面を真剣に見学され、「どうして看護師になろうと思ったの?」など熱心に質問されていました。看護師の仕事は知識や技術はもちろん必要ですが、患者さんの変化をキャッチするアンテナや患者さんとご家族の気持ちに寄り添う気配りなど、目に見えない部分も多くあります。看護技術はまだなくても、今できることを精一杯やろうとしている実習生の姿はとても健気でした。
看護学生も患者さんも「テレビの取材」に初めは緊張していましたが、取材後は「良い記念になった」とおっしゃってくれました。今後の入院生活や勉強も前向きにがんばれそうですね。
さて、どんな番組になるのでしょうか。放送日時は分かり次第お知らせします。

2010年2月18日

病室にて

病室にて

見学後にインタビュー

見学後にインタビュー


看護師密着取材 ②取材スタート

院内での取材が始まりました。
今日は看護学生が手術に立ち会う場面の撮影です。急性期の看護実習では、手術前の説明から手術後に病棟のリカバリに戻るまで、ずっと患者さんに付き添う実習があります。手術室に入って手術に立ち会うこともなかなかできない体験で学生も緊張していたと思うのですが、手術室で麻酔から覚醒した後や病棟に戻ってからも、痛みや手術後の違和感に不安を覚える患者さんに寄り添って、優しく声を掛ける看護学生の姿が頼もしく写りました。
後日、看護学生と取材ナビゲーターのタレントさんが対面する場面が撮影される予定です。

2010年2月16日

カメラマンもオペ着を着て手術に立ち会いました

カメラマンもオペ着を着て
手術に立ち会いました

話を聞いてもらえるだけでも安心できますよね

話を聞いてもらえるだけでも安心できますよね


おひなさまが飾られました

廊下が華やかになりましたね

廊下が華やかになりましたね

あと1ヶ月でひなまつり。正面玄関からF号館へ向かう廊下に7段飾りのおひなさまが飾られました。ボランティアの皆さん、ハウスキーピング課、総務課の職員で「三人官女に帽子をかぶせなきゃ」「持っているものが違うよ」と写真で確認しながら何とか完成。また当院利用者が1年かけて作成してくださったつるし雛も毎年飾らせていただいています。

2010年2月3日

院内保育園で鬼は外!福は内!

当院の院内保育園「さくら保育園」で節分の豆まきを行ないました。当院職員が鬼に扮し、お子さんたちが元気に「鬼は外! 福は内!」と豆をまき、みんな元気に節分の行事を楽しみました。

2010年2月3日

力を合わせてやっつけろ~

力を合わせてやっつけろ~

今年の無病息災を願います

今年の無病息災を願います


看護師密着取材 ①下見

看護課長から熱心に情報収集されていまいた

看護課長から
熱心に情報収集されていまいた

あるテレビ局から取材依頼を受けた当院に、昨日テレビ局の方が下見にいらっしゃいました。4病棟をまわり看護課長から情報を集めていました。
今回は実習に入る看護学生に焦点があたります。テレビ局の方は「看護師というと優しいイメージがあったが実際は、緊張感の絶えない現場なのに明るく患者さんと接していてその芯の強さが印象に残った。」そうです。そんな看護師を目指し実習に励む看護学生の姿から伝わることがあると思います。
取材当日はリポーターも来るかもしれないとのこと。どんな番組になるか楽しみです!

2010年2月2日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?