グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  産婦人科後期研修プログラム

産婦人科後期研修プログラム

産婦人科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

産婦人科部長  松本 美奈子



メッセージ

【産科】

お母さんの健康と赤ちゃんの元気を保証できる手段を一手ずつ熟考し、有病妊婦さんの妊娠出産管理から鉗子や吸引を用いた急速遂娩、緊急帝王切開までのクリニカルディシジョンと実践習得までおこなっていますが、基本的には正常妊娠出産への回帰修正を促すための予防医療に重点を置いています。


【婦人科】

婦人科疾患全般を診療しており、婦人科腫瘍の治療、良性疾患の腹腔鏡手術、一般不妊治療からARTまで幅広い婦人科疾患に対応しています。加えて産婦人科内視鏡認定医と生殖医療認定医の資格を有する上司のもと、特に腹腔鏡下手術を積極的にトレーニングでき、婦人科医師としてのやりがいが充分にあると確信しています。

産婦人科部長 松本 美奈子


→産科ご案内ページへ
→婦人科ご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

初期研修後、産婦人科レジデントとして3年間の臨床研修を行うプログラムであり、研修終了後には日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医の取得、産婦人科関連分野における各種専門医の養成を目指している。
レジデントは自己研鑽のみならず、ジュニア研修医教育や研究活動(学会発表・論文作成)に従事することも重要な研修である。
基本目標は産婦人科学を適格な生命倫理感を持って正しく認識し、人間として、医師として、医療を実践していく素養と品格を修得する。チーム医療の重要性を認識し、それを発展させる能力を養う。



研修内容と到達目標

1.生殖内分泌部門
生殖医療指導医のもとで一般不妊治療から高度な生殖医療技術までの幅広い領域を学ぶとともに、倫理に基づいた生殖医療を実践できる能力を身につける。思春期・更年期のホルモン動態および身体変化を理解し、的確な診療が行える能力を養う。また、妊孕性温存手術としてかかせない内視鏡手術の技術を高め、将来的には内視鏡技術認定医の取得を目指す。

2.周産期部門
母体並びに胎児を含む妊娠現象全体を初期から中期、分娩・産褥・新生児期に至るまで経時的に観察して正常妊娠の全経過を把握・イメージし、さらに通常の自然分娩を管理できる知識と経験を積み重ねる(超音波画像診断や産科的内診技術、産科麻酔、陰部神経ブロック、傍頚管ブロックでの和痛分娩などの実践技術の習得)。
加えて異常妊娠、合併症妊娠、妊娠経過異常、胎児異常などに対する早期診断と早期対応ができる知識と能力を身に付ける。
鉗子分娩、吸引分娩、帝王切開などの急速墜娩を実体験し、産科救急事例に対する病態評価、診断、産科処置、産科麻酔を習得しチーム医療を実践できるようにする。

3.婦人科腫瘍部門
婦人科悪性腫瘍に対する正確な診断・治療技術を習得していく過程で治癒から担癌状態までの幅広い診療姿勢を養い、将来的には婦人科腫瘍学会専門医の取得を目指す。

4.NICU研修
新生児を中心とした周産期医療に興味を持つ研修医は、新生児集中治療(NICU)
研修期間の設定が可能である。

5.麻酔科研修
産科麻酔を中心に、麻酔科研修を設定できる。



主な学会認定

・日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
・日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度周産期母体・胎児専門医暫定研修施設
・日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度周産期新生児専門医暫定研修施設
・日本乳癌学会認定医・専門医制度認定施設
・日本産婦人科内視鏡学会認定研修施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?