グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門  > 医療技術部  > 薬剤部  > 当院在籍の指導・専門・認定薬剤師紹介

当院在籍の指導・専門・認定薬剤師紹介

 認定薬剤師とは、医療薬学分野における実務経験に基づいた一定水準以上の知識・技能を兼ね備え、さらに学術活動・研究活動の実績を有する薬剤師です。
●医療薬学会認定がん専門薬剤師
●日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師

 "がん治療"に用いられる薬は出てほしい作用(効果)と出てほしくない作用(副作用)を合わせもちます。効果が弱くなったり副作用が強くなったりすることがないようにするためには、患者さんもしくは家族が治療薬の特徴、治療期間、副作用に関する知識を深め、"がん治療"に参加する必要があります。
患者さんまたは家族とともに体の症状やの生活状況に合った治療薬を考え、副作用少なく安心して"がん治療"を受けられるよう治療薬の説明(内服時間、他の薬や飲食物との相性、治療薬の体内での作用の仕方、副作用の初期症状と対応)や質問への対応などの支援をしています。説明や質問の中で医師や看護師などと情報を共有する必要がある問題があった場合には、それらの問題が解決できるように他職種とともに活動しています。
抗がん薬治療だけはなく、放射線治療、外科治療や緩和治療(肉体的精神的苦痛の除去軽減)の知識も有している必要があります。
●緩和薬物療法認定薬剤師
 "がん"に関連した対策として①予防②治療③緩和が挙げられますが、緩和においては医薬品の寄与は大きな割合を占めています。主として医療用麻薬の適正使用推進により患者さんの生活の質の向上や患者さんの"麻薬"に関する誤解を軽減する活動をしています。近年多くなっている在宅治療も見据え、個々の症状に応じた使用量や使用タイミングを評価し、患者さんや家族と共に症状に向き合い、医療関係者からの指示がなくても医薬品使用是非を判断できるように説明や介入をしています。
緩和に用いる鎮痛薬の他、鎮痛補助薬、副作用軽減薬など多種多様な医薬品の使用に関する薬学的知識だけではなく、医薬品の管理に関する法的知識も必要なため、当院のような多くの緩和治療対象患者を抱える医療機関においてはチーム医療の役割は重要なものとなっています。
 また、上記の様に肉体的苦痛(痛みなど)だけではなく精神的苦痛(不安など)や社会的苦痛(疎外感など)に対しても支援しています。
●NST専門療養士
 経口で十分な栄養摂取ができない方を主として患者さんの性別、年齢、身長体重、病状、経口栄養摂取量、認知度、治療の最終目的に応じて必要な栄養量、栄養補給形態を考えていくことは重要です。また、入院中だけではなく在宅に移行してからの栄養管理を継続的なものとするため、患者や家族に対して栄養補給方法や医薬品・食品の管理方法についても説明し理解していただくことも重要です。
 NST専門療養士は上記の基本的行為に対して専門的な知識やスキルを有し、患者さんに最良の栄養療法を提供するために編成される栄養サポートチームの一員となる優秀な人材です。
●日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
●日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師
●日本薬剤師会研修センター認定薬剤師
●日本病院薬剤師会生涯認定薬剤師
●薬剤師研修センター認定漢方・生薬認定薬剤師

 漢方薬・生薬に関して専門的な能力と適性を持っている優秀な人材です。
●日本骨粗鬆症学会認定骨粗鬆症マネージャー
 充実した骨粗鬆症の予防、診断と治療とを提供し、また広く社会啓発活動を行うことで、超高齢社会における健康格差の縮小と健康寿命の延伸に貢献できる能力を持った優秀な人材です。
●日本医療情報学会医療情報技師
 情報処理技術、医療情報システム処理技術や知識を有し、病院情報システムの開発・運営・保守ができる能力を持った優秀な人材です。