グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 当院について  >  病院日記  >  2009年6月

2009年6月

2009年6月の情報がご覧いただけます。


七夕飾り

正面玄関のホールとタリーズ側玄関のエレベーターホールに、吹き抜け2階分の天井まで届く立派な笹が設置されました。笹には色とりどりの折り紙で作られた七夕飾りがつけられています。その飾りは、院内学級の生徒さんが心を込めて作ってくれたものです。とても涼しげですね。
笹の近くには短冊とペンが置いてありますので、みなさんも星に願いをたくしてみませんか?「ここの笹につけた願い事はかなう」っていうジンクスが、あるとかないとか。

2009年6月29日

きれいな飾りがたくさん

きれいな飾りがたくさん

1週間で短冊がこんなに!

1週間で短冊がこんなに!


静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』にてワークライフバランスの取り組みが紹介されました

6月22日(月)16時45分から、静岡朝日テレビの情報番組「とびっきり!しずおか」にて、短日短時間勤務制度を活用している当院の看護師が紹介されました。
この春から導入した短日短時間勤務制度は、短時間勤務と短日勤務の2種類があり、制度利用者は現在12名おります。今回紹介された看護師は、短時間勤務を選択する2名のうちのひとりで、幼稚園へ子供を預ける出勤風景から、病棟で勤務する様子が紹介されました。
インタビューでは、子供を産み「もう仕事は諦めよう」と思った時に先輩の一言に思い止まったという話や、今、周りの職員や家族に支えられながら仕事が続けられる喜びなどを語り、感極まる場面もありました。
総看護部長 吉村浩美は、「仕事と家庭を両立して、自身の生活も職場も豊かになる」という看護部の取り組みについて、制度を作るだけでなく、その制度を利用できる風土作りの大切さを語りました。
今後も、この制度を利用して自分らしく仕事をする職員が増えていってほしいですね。

2009年6月23日


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?