グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護部


ホーム  > 看護部  > 総看護部長挨拶

総看護部長挨拶

看護部についてのご案内です。

聖隷横浜病院看護部ホームページへ ようこそ

聖隷横浜病院 総看護部長
内田 明子
(認定看護管理者)

当院がこの横浜、保土ヶ谷の地で病院運営を始めて、早くも15年目となりました。
これまで地域の皆さまに安全で安心できる質の高い医療を提供することをめざし、邁進してまいりました。多くの診療科の開設や専門化、新しい医療機器の整備、横浜市二次救急拠点病院としての指定など地域に貢献できる病院としての進化を遂げることができました。

看護師は開設以来の使命である急性期医療の現場で、病気による苦痛や苦悩を持ち、当院を選ばれた患者さんに対し、病気ではなく病気を持つ人として様々な角度からとらえ、治癒や安定にその人自身が向き合うことを援助してきました。平均入院期間の短い中、看護師が高いコミュニケーション力や観察力を発揮し、患者さんや医療チームのメンバーとの信頼関係を築き、さらに安全で質の高い医療の提供を目指しています。
また、看護部では、高度化・複雑化する急性期医療や、退院後の療養生活をも視野に入れた支援などの知識や技術を探求し続けています。常に専門職としての資質を高めるため、看護師は入職当初よりベテランナースに至るまで、医療機関の責務として多くの学習の場を計画的に提供し、相互に学びあう風土を醸成しながら看護実践の研鑽に励んでいます。
さらに、職員が生き生きと働き続けるための環境整備にも組織として取り組んでいます。子育て中の看護職員のためのワークシェアの仕組みや交代制勤務者のための労働環境改善にも取り組み続けたいと考えています。

看護部理念

私たちは、病院理念を踏まえ、それを看護として具体化するために以下の“あるべき姿”を示します。

一つ、私たちは、看護の対象となる人々を自立した生活者として尊重し、その人の持てる力を十分に引き出し、共に回復過程が踏める看護を実践します。

一つ、私たちは、高度化・複雑化する医療(看護)の中においても、常に専門職業人としての倫理性を高めつづけます。

一つ、私たちは、看護師としての責務を自覚し、常に資質を高め続ける努力を怠りません。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.