グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷(せいれい)横浜病院は、2003年3月の国立横浜東病院の経営移譲により、社会福祉法人 聖隷福祉事業団が運営している横浜市保土ヶ谷区の中核的医療機関です。

ホーム   > 採用情報  >  医師募集について  >  脳神経外科 医師募集

脳神経外科 医師募集

採用情報


募集要項常勤(後期臨床研修医・脳神経外科専門医)
非常勤
※当直のみでも可 
※週1日~可
待遇当院医師給与規定による

■後期臨床研修医(常勤)
 月収(目安):55万円~65万円 / 年収(目安):830万円~990万円
 ※月収は基本給+住宅・超過勤務・宿日直手当等の各種手当含む
 ※年収は2016年度の賞与実績を用いて算出
保険健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険加入
住宅補助制度個人契約の賃貸借物件に対しては上限6.7万円として補助(医籍により補助は異なります)
※別途、持家補助制度もあります。詳しくはお問い合わせください。
福利厚生職員健康診断(年1回以上)・退職金制度有り・職員互助会による各種補助あり(宿泊・契約保養施設・レジャー施設優待 等)
福利厚生(医療見舞金制度)聖隷福祉事業団の運営する病院や予め指定された病院に受診した際、医療費と薬の自己負担分に対して見舞金が支給されます。この制度は主に扶養されている配偶者や子供、両親も利用可能です。(補助額はそれぞれの所得等によって違います)
福利厚生(人間ドック費用補助)医療見舞金制度同様、聖隷福祉事業団の運営する健診施設や予め指定された健診機関にかかった時の人間ドック費用の自己負担に対して補助がされます。この制度も配偶者、子供、両親が利用できます。人間ドックは通常3万5千円以上しますが、聖隷互助会を通せば0円~2万円までの自己負担となります。(補助額はそれぞれの所得・年齢によって違います)

当院の脳神経外科は「脳神経外科」と「脳血管内治療科」から成り、脳神経の病気に対して患者さんのニーズに応えるため、色々な治療が選択できるような体制を備えています。
特に脳血管疾患(脳卒中)に対する治療は、各専門家が一堂に会して集中的に行うことが良いとされており、最も適切な治療を一元的に受けられる環境を目指して2016年に「脳血管センター」を開設しました。(詳しくは脳血管センターのページをご覧下さい)

地域の脳卒中診療に貢献すべく、高度な治療を行うセンターを目指して日々発展させていきたいと考えております。
この思いに共感していただける方のご応募をお待ちしております。


脳外ナビゲーションシステムの紹介

2017年に脳外ナビゲーションシステムを新しく購入しました。脳は複雑な構造をしており、至るところに重要な機能を有する構造物が散りばめられています。病変部と違うところを傷つけてしまうと、神経障害などの脳障害を引き起こす可能性があります。そこで、脳の中を正確に手術するためにナビゲーションシステムを使用します。名前の通り、病変部までの道のりをナビゲートしてくれます。身近の物で例えるなら車のカーナビに似ていて手術している部位をリアルタイムで表示してくれます。



手術件数(2016年度)


検査件数
脳血管造影検査152


手術件数件数
破裂脳動脈瘤塞栓術10
未破裂脳動脈瘤塞栓術25
脳動静脈奇形塞栓術5
頚動脈ステント留置術20
頭蓋外PTA/Stenting8
急性再開通療法7
その他8

直達手術(開頭手術他)(2017年2月~6月)


開頭脳内血腫除去術3
神経内視鏡的頭蓋内血腫除去術7
脳腫瘍摘出術
(脳膿瘍摘出術を含む)
8
慢性硬膜下血腫穿頭
ドレナージ術
22
STA-MCAバイパス術4
頸動脈内膜剥離術3
脳室ドレナージ術4
L-Pシャント術9
その他5

認定施設について

脳血管内指導施設
脳卒中学会認定施設
日本脳神経血管内治療学会研修施設
脳神経外科学会認定施設
日本認知症学会教育施設


採用に関するお問い合わせ

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
聖隷横浜病院 総務課
電話:045-715-3111(代表) FAX:045-715-3387
E-mail:yhwebmaster@sis.seirei.or.jp



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?