グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護部


ホーム  > 看護部  > スペシャリスト紹介

スペシャリスト紹介

医療の高度化・細分化に伴い、看護も専門性が求められるようになってきました。
聖隷横浜病院では、2分野2名の専門看護師、7分野9名の認定看護師、1名の診療看護師が在籍しており、それぞれの専門分野で、日々、患者さんのケアや患者さん・ご家族の相談に携わっています。

がん看護専門看護師

根岸 恵

がん患者さんとそのご家族からのご相談、また、がん以外のご病気のエンドオブライフを送る市民の方々からのご相談にも対応しています。病状説明の際の同席をはじめ、治療に関する相談、緩和ケアなど、患者さんが納得して治療や療養生活を決め、自分らしい生活を送られるようにさまざまな支援を行っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

若松 華

人工肛門・人工膀胱や傷の手当ての方法や床ずれの予防方法、尿漏れや便漏れの対策などスキンケアを中心に入院中や外来受診の方のご相談を受けています。
人工肛門、人工膀胱については外来もやっていますので受診を希望される方はお問い合わせください。
せいれい訪問看護ステーション横浜とも連携をとって上記のケアを対応させていただいております。

渡邉 純子

ストーマ(人工肛門・膀胱)での困りごとや、床ずれ(褥瘡)や失禁による皮膚障害などについての相談に対応し活動しています。ストーマに関してはストーマ外来も行っています。患者さん・ご家族が安心できるようにサポートいたします。

緩和ケア認定看護師

利根川 綾

病気になり、体の辛さや心の辛さなどを抱えた時その辛さを少しでも和らげるお手伝いをしています。緩和=最期の時というイメージがあるかもしれませんが、時期を問わずどのようなタイミングであっても支援が受けられます。

高橋美生

患者さんとそのご家族の抱える苦痛に寄り添い、身体的な苦痛だけではなく、患者さんや家族を取り巻く様々な苦痛を緩和できるように支援を行っております。

がん性疼痛看護認定看護師

前川 直子

がん患者さんの多くは痛みを抱えていると言われています。
診断時期から早期に痛みやそのほかの苦痛症状について患者さんとそのご家族と相談しながら、日常生活が困らずに過ごせるようにチームで支援いたします。

認知症看護認定看護師

新城 佑樹

認知症になると「ものごとがわからなくなる」、「身の回りのことができなくなる」というイメージが強いですが、一人の人としてできる能力を最大限に活かし、できないところだけをサポートするように心がけています。またご家族へも認知症を理解してもらい適切な介護が行えるように支援をしています。

集中ケア認定看護師

坂田 稔

生命の危機状態にある患者さんの病態を考え、患者さんが重症化しないための援助を行います。
また、病棟の看護師に対しても、実践に関する指導・相談を行いながら急性期医療に対応するための看護の質の向上を目指しています。

救急看護認定看護師

福田 安津子

突発的な外傷、急性疾患、慢性疾患の急性増悪などのさまざまな状況にある方に、救命と苦痛の緩和、不安や恐怖心の軽減が迅速に行われるように、優先順位を持って救急処置や処置介助を行っています。決断を迫られる場面においても、本人とご家族の意向が反映されるように、情報提供と多職種との連携や調整を行います。

感染管理認定看護師

山下 綾子

感染防止対策の目的は当院を利用する患者さん・ご家族・訪問者はもちろんのこと、現場で働くすべての人を感染から守ることです。患者様の最も近くで援助する看護師が、感染予防できるよう知識・技術の向上を支援しています。また感染を拡大させないための対策が実施できるように、各職種から構成される感染対策チームのメンバーとしても活動しています。

精神看護専門看護師

西 典子 (非常勤)

人と人、心と身体をつなぐ架け橋となり、皆様のメンタルヘルスの支持・支援を行います。

診療看護師

草薙 安毅

診療看護師(NP:Nurse Practitioner)とは、医学の知識と医療行為の実践を大学院修士課程で学び、医師の包括的指示の下に診療・検査・処置及び治療等の医療行為を行うことができる者です。急性期疾患の対応、あるいは健康増進からリハビリテーションまでを継続して関わり、医師と連携・協働して専門性の高い包括的な医療を提供していきます。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.