グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護部


ホーム  > 看護部  > 職場紹介  > 手術室・中央材料室

手術室・中央材料室

手術対象科

外科、整形外科、呼吸器外科、脳神経外科、耳鼻科、泌尿器科、眼科などの予定手術、緊急手術に対応しています。
年間手術件数は約1400件です。

運営方針

  • 他職種と協働し、安全・効率を考えた手術・滅菌物を提供する
  • お互いを認め合い笑顔で働ける職場を作る

ひとこと!

看護師が看護に専念できる環境作りをめざします
手術室担当臨床工学技士がおり医療機器の保守点検整備はもちろんのこと、全身麻酔導入、内視鏡手術、顕微鏡下手術などに立ち合っています。何かあればすぐ対応してくれるため、看護師は安心して看護に専念できます。

「手術安全確認表」により安全確認を実施しています
WHOの手術安全チェックリストを参考に作成した「確認表」により安全を確認しています。活用することにより、手術チーム全構成員の良好なコミュニケーションとチームワークの育成もめざします。

術前術後訪問術中情報提供を実施しています
事前に担当患者さんの病室にうかがい手術への不安の軽減に努めています。収集した情報をもとに看護計画を立案、それをカンファレンスへ報告し検討、術中看護に役立てています。カンファレンスは毎日実施しています。そして、術後訪問により実施した看護の評価を行っています。
また、症例により術中情報提供を行い、待機されているご家族の不安の軽減に努めています。

症例カンファレンスを行っています
麻酔科医師と翌日の症例について、外科医師と来週の症例についてカンファレンスを行い問題点を共有し、術中看護に役立てています。

カンファレンス風景①

カンファレンス風景②

オペ室風景①

オペ室風景②

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.