グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2012年  > 2012年10月

2012年10月

第48回NST養成セミナー

10月31日(水)、今年度では初のNST(栄養サポートチーム)養成セミナーが行われました。これは医療従事者を対象として栄養管理のスキルアップを図るために例年、院内にて実施しているセミナーです。
内容は前半に『褥瘡(じょくそう=床ずれ)患者の栄養管理』として皮膚科の椙山医師、後半に『NSTカンファレンスQ&A』として薬剤・栄養課合同での講義がありました。椙山医師からは褥瘡について、発生のメカニズムから実態調査結果、予防と発生後の管理についてまで詳しい講義を聴くことができました。Q&Aでは日頃、静脈・経腸栄養の管理を行う上で医療スタッフから多く寄せられる疑問について症例に沿って分かりやすく学ぶことができました。
講義では当院での褥瘡発症率は急性期病院としては全国平均を下回っているとの話がありましたが、このようなセミナーを通して各医療スタッフが栄養管理のスキルアップを図ることが褥瘡の予防に繋がるのだと実感できるような、充実した内容でした。

2012年10月31日 医療技術部H

事務部勉強会開催

事務部ではスタッフのスキルアップを目指し、教育WG(ワーキンググループ)が定期的に勉強会を開催しています。
今回のテーマは診療報酬における「投薬」と「酸素」の算定方法でした。
勉強会に参加したスタッフからは「基礎知識を復習し、再確認できてよかった」「医療費に対しての意識が高まった」という感想がありました。
当院も8月から診療明細書が発行され医療の「見える化」がだいぶ浸透してきているように感じます。患者さんからの問い合わせに対応していくためには、このような勉強会はとても重要です。
また、このWGの講師はスタッフが順番に務めています。資料作成には慣れないパワーポイントを使い悪戦苦闘しているスタッフも・・・。ですが、講師を務めることにより、その分野のスペシャリストになれます。人に教えることで自分の自信に繋がり、みんなのスキルアップにもなっています。
今後も色々なテーマで勉強会を開催しますので、他部署の方にもぜひ参加していただきたいと思います。

2012年10月26日 事務部Y

日曜日に乳がん検診を実施しました

10月21日(日曜日)に当院でマンモグラフィーサンデーを実施しました。
マンモグラフィーサンデーとは、NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)による「平日に病院に行けない女性の方々が、休日に乳がん検診を受けられるよう、毎年10月の第3日曜日に乳がん検診を受診できる環境作り」への取り組みです。
検査内容は視触診、マンモグラフィー、超音波検査です。
また、看護師による乳がんの無料相談会も実施しました。
今年は28名の方に受診していただきました。昨年より10名以上多くの方に受診していただき、乳がんに対する認識が高まっていると感じました。
マンモグラフィー撮影では、初めて検査される方も多く、「緊張したけど思っていたより痛くなかった」「今後も定期的に受けたい」などの感想をいただきました。
今回のマンモグラフィーサンデーが乳がん検診を定期的に受けるきっかけになっていただければ幸いです。
来年も、より多くの方々に受診していただけるようスタッフ一同で取り組んでいきたいと思います。

2012年10月24日 医療技術部S

職員向け人間ドック啓蒙活動

聖隷福祉事業団では職員の健康促進のため人間ドック補助事業を実施しております。
今年から、衛生委員会では写真のような啓蒙セットを、35歳以上の職員一人一人に配布し人間ドックの受診を推奨しました。
封筒が届き最初は驚いていた職員も多かったようですが、受診した職員からの口コミもあり、前年の2倍となる職員が受診しました。
感想を聞くと自身の体調面もそうですが、医療サービスを受ける体験から学ぶべきことが多かったという声もありました。
来年も啓蒙活動を続け、職員の健康増進に力を入れていきたいと思います!

2012年10月17日 事務部O

緩和ケア市民公開セミナーを開催しました

10月13日土曜日に2012年度緩和ケア市民公開セミナーを開催しました。
今年のテーマは「がん治療中・療養中の食事」でした。
緩和ケアチーム木下真弓医師が、がんになるとなぜやせるか、がん治療中や終末期の栄養について講義し、その後、内藤直美管理栄養士より症状に合わせた具体的な食品やメニューを紹介しました。
参加された市民の方からは、抗がん剤治療で食欲がない時に、どの程度まで塩分制限や脂肪制限を守らなければならないのかなど、普段の生活で困っていることについての質問が出され、活発なセミナーになりました。
講義の後は、管理栄養士が作ったトマトシャーベットの試食をしました。
酸っぱすぎず甘すぎず、さっぱりといただけました。皆さんもぜひお作りください。

2012年10月17日 看護部N
トマトシャーベット
【材料(2人分)】
  • 無塩トマトジュース・・・・4/5カップ
  • オレンジジュース・・・・・1/5カップ
  • 砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2
  • レモンの薄切り(飾り用)・ 適量

【作り方】
  1. トマトとオレンジジュースに砂糖を加え、よく混ぜて容器に入れて冷凍する
  2. 表面がかたまったらフォークで底から混ぜ、これを3~4回くり返す
  3. 器に盛ってレモンを飾る

第10回 ふれあい健康フェスタを開催します

当院では毎年、地域の皆さまとの交流の場として、また当院や医療のことを広く知っていただくために「ふれあい健康フェスタ」を開催しています。
今年は10月27日(土)13:00~16:00に病院内と駐車場にて開催します。
開催テーマは「救急医療」です。皆さまに救急医療についての理解を深めていただきたく、さまざまな催しを企画しております。
講演会では、13:30~第1部『急変時の対応の仕方について』を救急科部長 山口医師に、急変したときにどのように対処すればよいのかをお話いただきます。
14:00~第2部『上手な受診の仕方-こんなときは小児科へ-』を小児科医長 安部医師に、お子さまがこんな症状のときはご自宅で様子を、こんなときは小児科受診を、上手なお薬の飲ませ方などをお話いただきます。
14:30~第3部『救急車の利用について』を保土ヶ谷消防署 救急隊員の方に、救急車の適正な利用方法について、横浜市の救急体制についてお話いただきます。
この他にも、一次救命処置やAEDの使い方に触れていただくコーナー(14:00~15:30)や、救急車の展示会(13:30~15:00)、CT・MRIなどの画像検査を実際に見ていただくツアー(1回目13:30~、2回目14:30~)など、楽しい企画が盛りだくさんです!
ぜひ、ご家族やご近所の方をお誘いいただき、皆さまでお楽しみください。

2012年10月16日 事務部N

『FISH!(フィッシュ!)』ってご存知ですか?

皆さまは『FISH! (フィッシュ!)』というものをどこかでお聞きになったことはありますか?
これは米国・シアトルにある魚市場の店員たちが始めた活動で、“同じ仕事をする(時間を過ごす)なら自分が楽しもう。それがお客さん(相手)にも伝わって一緒に楽しく過ごせる”という考え方に基づいています。
彼らの魚の売り方はとてもユニーク。魚が宙を飛んだり、魚の人工呼吸やダンスのパフォーマンスを見せたり、彼ら自身が楽しんでいることがよくわかります。そんな楽しい姿が見たくて、或いはエネルギーをもらいたくて、毎日見に来るお客さんもいるそうです(もちろん魚の売り上げも上昇しているとのこと!)。
私たち医療者もこれを参考に、少し目線を変えて、自分たちが心地よくなること、それが患者さんの心地よさにつながることはないかと模索しています。ところどころ、形になってきているのですが、気付いていただけていますか?
これから少しずつ紹介していきたいと思います。

2012年10月15日 看護部T

看護部新人研修シリーズ⑬「看護倫理Ⅰ」

10月12日の新人研修で、看護倫理、患者の権利と看護職の責任について学びました。
DVDの事例や実際に自分の体験した事例をグループで共有し事例検討しました。看護倫理については、看護学生の頃から学んではいましたが、今回は、実際の臨床現場で自分が体験したモヤモヤしたことを新人看護師同士で共有する、という機会になりました。その中で、倫理綱領に基づき、自分がどうしていけばよかったのか、自分が行っていたケアは間違っていなかったのかについて考え、日々の業務やケアを振り返ることができました。この研修を通して、日々の看護倫理について考えることの重要さを学びました。今後も業務の中で感じたモヤモヤしたことがあった時には、一人で悩まず誰かに相談し、その都度振り返っていきたいと思います。

2012年10月15日 看護部K

在宅用人工呼吸器の勉強会

先日、臨床工学室主催の在宅用人工呼吸器の勉強会に参加しました。今回の勉強会は、当院で使用している2種類の在宅用人工呼吸器の操作方法と呼吸モード、マスクの装着方法についての内容でした。マスクの装着や人工呼吸器の動作は実際に実演してもらいながら説明を受けることができたので、大変わかりやすく理解を深めることができました。
今回の勉強会を通じて、在宅用人工呼吸器を日頃使用している患者さんの不安や悩みを少しでも和らげられるよう活かしていきたいと思います。

2012年10月12日 医療技術部T

日本心不全学会主催セミナーに参加してきました

去る10月7日、大阪で行われた日本心不全学会チーム医療推進委員会主催教育セミナーに参加してきました。
今回のテーマは「心不全医療にまつわる諸問題」‐最新のtopicを学ぶ‐でした。
急性期の治療から栄養管理なども含めて東京大学や大阪大学、国立循環器病センター、東京医科大などの有名な先生方から講演していただき、当院看護師への勉強会を行うよい学びができました。

2012年10月9日 看護部S

フィジカルアセスメント研修(呼吸編)を実施しました

9月19日、10月4日と2日に分けてフィジカルアセスメント研修を行いました。
フィジカルアセスメントとは、患者さんの症状や呼吸音、皮膚の触感などから、患者さんの苦痛につながる兆候を受け取り考えることです。
このフィジカルアセスメント研修は、全国的にセミナーが行われるほど現在の看護業界では人気がある研修で、看護の教育担当者から依頼を受け開催しました。
当院ではこの研修は初めてのことであり、実習タイプの研修としましたが、互いに肺の位置や肋骨の位置などの確認を体感できた様子でした。
今後も様々なシリーズで研修を企画し、看護師のスキルアップにつながればと考えます。

2012年10月9日 看護部S

自衛消防隊消防技術訓練会へ参加しました!

9月25日、保土ヶ谷区自衛消防隊消防技術訓練会に参加しました。
この訓練会は各事業所で日頃の自衛消防活動の技術を発表することを目的としています。
当院からは看護部、医療技術部、事務部より男女計10名が参加しました。
当日は雨が降りそうな空で肌寒い気温でしたが、保土ヶ谷区のその他の事業所の方も参加し、活気に溢れていました。
当院は、消火器を使って火を消す個人の部と、屋内消火栓を使い実際にホースの延長と放水をして火を消す屋内消火栓操法の部に参加しました。
※実際に火は燃えていません。
普段何気なく見ている赤い消火栓ボックスから実際に放水することができ、とても貴重な体験をすることができました。
訓練会の最後には実際に消防隊の方が実演してくださり、改めて消防隊の頼もしさを感じることができました。
10月26日には横浜市消防訓練センターで横浜市消防操法技術訓練会が開催されます。
当院からは女子の部が保土ヶ谷区の代表として出場するので、良い結果を残せるようにベストを尽くしたいと思います!!

2012年10月9日 事務部I

看護部リーダーシップ研修に参加して

9月29日にリーダーシップ研修に参加しました。研修の中で行われた演習は、とても楽しかったです(今後の研修のため詳細を説明できないのが残念です)。
今年の3月からチームリーダーの役割を担うようになり、始めは指示をとること、それに慣れることで精一杯でした。でもリーダーとはそれだけではないということをこの研修で学びました。メンバーと共に、チームの患者さんのニードに沿ったケアの提供を考えていくこと、問題提起し問いかけていくこと、リーダーも実際に患者さんと話しリーダーから見た患者さんの情報を提供していくこと、周りのメンバーに声をかけメンバーの状況を把握し調整すること、メンバーに合わせた助言をしながら一緒に考えていくこと、などです。
これからもよい看護が提供できるよう、チームで考えリーダーシップを発揮して頑張っていきたいと思います。

2012年10月5日 看護部K

電気設備保安点検

先日、1年に1度の電気設備保安点検が行われました。点検中は電気回路を遮断しなくてはならず、電気が供給されない、つまり停電と同じ状態になります。しかし、当院には自家発電機が備わっており、停電になっても院内全てが真っ暗になるということはありません。(少し薄暗くはなりますが…)
今年も例年通りの事前準備(入院患者さんへの説明・医療機器使用状況の把握等)を行い、万全の体制で停電を迎え、特に混乱なく終了することができました。入院中の患者さんや来院されていた方にはご不便をおかけしましたが、ご協力いただきましてありがとうございました。

2012年10月3日 医療技術部Y

第38回 せいれい健康講座を開催しました

9月29日(土曜日)10:00から当院にて「せいれい健康講座」を開催しました。
35名ほどの近隣の方や患者さんが聴講してくださいました。
脳卒中科の医師からは「脳卒中の新しい治療法と脳卒中後のリハビリ」と題し、最近のトピックスとして治療薬tPAが脳梗塞発症から4.5時間まで使用可能となったことや、カテーテル治療の際にどのように血栓を取り除くのか、また、リハビリによる効果などのお話をいたしました。
検査課の臨床検査技師からは「動脈硬化の検査‐超音波検査を中心に‐」と題し、動脈硬化がどういったものであるか、また、PWV・ABIと頸動脈エコーの検査結果が表す意味などのお話をいたしました。
動脈硬化は進行しても自覚しにくいため、定期的な検査で早期発見、早期治療が重要ですし、脳梗塞を発症した場合にも、早期治療が大変重要です。
とはいえ、運動や食生活の改善で動脈硬化の進行を防ぐことが一番です!
季節の変わり目ですので無理は禁物ですが、ウォーキングなど軽い運動をしてみてはいかがでしょうか。
次回の健康講座は10月27日(土)ふれあい健康フェスタ開催時に講演いたします。皆さまのご参加お待ちしております。

2012年10月2日 診療部S&医療技術部H

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.