グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷(せいれい)横浜病院は、2003年3月の国立横浜東病院の経営移譲により、社会福祉法人 聖隷福祉事業団が運営している横浜市保土ヶ谷区の中核的医療機関です。

ホーム   > 当院について  >  聖隷よこはま ~スタッフブログ~

聖隷よこはま
~スタッフブログ~

当院スタッフによるブログです



チーム医療研修がありました!

職場でこれからリーダーを担う看護師9名が参加して、「チーム医療研修」を行いました。
病院はいろいろな専門スタッフが協力して患者さんの対応を行っています。看護師はそれぞれの専門スタッフがどのようなことをしているのか実はあまり知りません。患者さんの治療や入院生活がスムーズにできるようにするために、この研修を行いました。

今年は栄養課、臨床工学室、医療相談室、リハビリテーション室、薬剤課、検査課の6部署に協力していただき、業務内容の講義と部署見学をしました。例えるなら、病院社会科見学です。いずれの部署のバックヤードも大変興味深く、内視鏡室の見たことのない器具やいつの間にかIT化がすすんでいた検査課、ひっきりなしに問い合わせの電話がかかってくる医療相談室のMSW(メディカルソーシャルワーカー)の仕事など、質問を交えながら理解を深めることができ、発見や驚きがたくさんありました。



最後に、参加者で話し合いをして「自分の持っている情報を正しく多職種に伝えることが大切」という意見が出ていました。研修を通して、自分から率先して情報交換をするスタッフになってくれることを願っています。



2017年9月11日 看護部 H




見えるんです!

今日は、聖隷横浜病院の隠れた院内スポットをお知らせします。

聖隷横浜病院の西3病棟と東3病棟の渡り廊下から横浜のシンボル・ランドマークタワーを見ることができます。小高い丘の上にあるのでとても風の通りが良く、こんなにはっきりと見えるんですね!

横浜の中心部に位置する聖隷横浜病院、お見舞いに来られた方も是非、地域に根付いた病院からの風景をご覧下さい。

2017年9月4日 事務部 H



高校生が1日看護体験で来院!

学生さん・生徒さん達にとって、勉強するのにも、普段できないchallengeをするにも貴重な時間となる夏休み。当院では、1年生から3年生までの高校生10名が、2回に分かれて看護体験をされました。そのうちの多くの方が将来看護師を目指しているとのことで、昨年は違う病院で看護体験をされた生徒さんもいらっしゃいました。
当日は、学校の制服から当院のユニフォームに着替え、病院の概要説明を聞いて院内を見学した後、約4時間の病棟体験です。車いすを押しながら患者さんと話をしたり、看護師が注射準備をするところや実際に患者さんに点滴を行う場面を見学したりと、いろいろな体験ができたようです。
 体験後には「看護師さんは忙しく動いていたけどいつも笑顔で患者さんと接していた」、「いろいろな仕事をてきぱきとこなしていて恰好良かった」などの感想を頂きました。
素敵な生徒さんからのコメントはしっかり現場スタッフへ届けます。
体験された生徒の皆さん、近い将来、一緒に看護の仕事ができることを楽しみにしています。看護体験に来院して頂き本当にありがとうございました。残りの夏休みが充実したものになりますように、また残暑で体調を崩しませんように。

2017年8月28日 看護部 Y



健康講座を毎週実施しています!

心臓や生活習慣病に関するお悩みはありませんか?

聖隷横浜病院では、心臓血管センターの医師による健康講座を毎週水曜日に開催しております。

当院では心臓カテーテル治療に力を注いでおり、体への負担が少なく、日帰りの治療も多く行っております。
検査のこと、当院の手術環境についても、医師が丁寧にお答えいたします。
ちょっとした体の変化を見逃さないことが治療の一歩です。

ご来院いただいた方はどなたでも聴講していただけますので、お気軽にお立ち寄りください。



開催日時:毎週水曜日 午前11時00分~ 場所:正面玄関右横のロビー



2017年8月25日 事務部 H



聖隷横浜病院の救急体制について

聖隷横浜病院の診療時間をご存じですか?

当院は二次救急病院に指定されており、24時間365日診療を行っております。
当院では独立した救急科のほか、365日24時間受け入れ可能な心臓血管センターではいつでも心臓血管に関する疾患について受け入れを行っております。
また、急性期の治療看護に特化した急性期ケアユニットを稼働し、地域の皆様の突発的な傷病に対し、迅速な対応をいたします。


※救急外来へ時間外に受診を希望される場合は、救急車でなくてもお電話でご連絡下さい。



2017年8月22日 事務部 H




看護部2017インターンシップ夏季コースを終えて

この夏休みの期間に2.5日間のインターンシップを3回開催しました。

神奈川県内・外より、延べ16名の看護学生の方々に参加をして頂きました。
病院概要説明と院内見学を半日受けた後、2日目と3日目に当院の白衣を着用して病棟へ看護体験に行きます。当院は東病棟と西病棟と構造が違っているので、2日間それぞれ違う病棟で体験をします。


インターンシップでは学校の実習とは違い、疾患についての質問や看護計画などの意見を求めたりはしません! 丸っと当院の雰囲気を体感する機会の場です。
今回体験した学生さんからは「看護師が優しく、笑顔の多い職場だった」、「職場の雰囲気が明るく、インターンしやすかった」、「スタッフ間の声掛けが多くフォロー体制が良かった」などの感想をいただきました。最終学年の学生さんは就職を決める材料の1つに、それ以外の学生さんは就職病院を考えるきっかけになったら嬉しいです。皆さん、貴重な夏休みにインターンシップ体験の来院をありがとうございました。


また、当院では長期休み期間以外にも、インターンシップを随時お受けしています。土・日・祝日以外の一日(ワンデイ)からお受けできますので、時間と関心がありましたら、1週間前までにご連絡ください。
当院の雰囲気を体感して頂く機会を提供させていただきます。



2017年8月21日 看護部 Y




病院見学会&ナーシングセミナーを開きました

 毎年この季節に行っている、病院見学会&ナーシングセミナーを8月の第1土曜日に開きました。
今回は、既卒看護師を含む12名の看護学生さんが、県内外からお集り下さいました。病院の概要、教育体制、福利厚生などの説明を受けた後、お弁当を食べ、約2時間のセミナーを開催しました。

今回のテーマは「日常の中の看護学」。普段の生活の中でふと気になること、例えば日焼けや熱中症、最近のトピックスでは「ヒアリ」の対処法などを取り上げました。また、レントゲン画像・エコー画像の読み方や写り方、腰痛予防の運動、栄養補助食品の試食など、病院であるからこそできることを披露(?!)しつつ、メディカルスタッフの協力を得ながら進めました。日ごろの皆さんの学習に、少しでもスパイスが加えられたらうれしいです。


 セミナー終了後は、臨床現場で働く先輩看護師たちのガイドについて、院内を見学していただきました。土曜日の午後ということもあり、閑散とした部分もあったかと思いますが、臨床の雰囲気を感じていただけたかと思います。その後は先輩看護師と共に茶話会です。実際に働く“生”の声は、学生さんたちには興味の高いところですね。時間ぎりぎりまでおしゃべりがつきませんでした。

 これから奨学金や就職先を検討していく上で、候補の一つにあげていただけたら幸いです。


2017年8月17日 看護部 T




CE全体研修会に参加してきました

 先日、聖隷福祉事業団臨床工学技士(CE)の全体研修に参加しました。全7施設の主に1~5年目が集まり、施設発表やグループワークを行いました。東は聖隷佐倉市民病院、西は聖隷淡路病院と全国から集まり、人数にして90人程度ととても大規模なものでした。


 施設発表は「CEの魅力」というテーマで、体験談を交えながらの分かりやすい発表でした。手術室、透析、内視鏡、機器管理などCEの業務は多岐にわたり、業務によって違った魅力があるため、様々な場面でやりがいを感じることができる職種だということを改めて感じることができました。グループワークは「ロジカルシンキング」というテーマで、フレームワークというものを行いました。CEが関わる機器選定という場面で、機器の特徴をフレームに当てはめて情報を整理することで話し合いを円滑に進めることができ、また他者に説明する際にも要点がまとまっているため分かりやすく伝えることができるということを実感しました。


 業務が多岐にわたるということは、それだけ他職種との関わりも多くなるので、他職種の人にも分かりやすく伝えることは大事にしていきたいです。今回の研修では同じ職種、経験年数も近いということでたくさん刺激をもらいました。これを日々の活力とし、来年の研修までに大きく成長できるよう頑張っていきたいと思います。

2017年8月16日 医療技術部 A




“ご利用者の声”をご存知ですか。

当院では、開設時よりご利用される方へのサービス向上のため、「利用者の声」ボックスを設けています。外来の方、入院されている方、地域の方、どなたでもご利用いただけます。
「こんなことがあったらいいな」「こうだったらいいのに」と思う事があれば、ぜひ利用者の声をご利用下さい。また、「このような対応が良かった」というお礼のご意見をいただくと、スタッフ一同大変うれしく思います。


寄せられた「利用者の声」は、定期的に正面玄関や各病棟の掲示板に掲示を行っていますので、ぜひご覧ください。


2017年8月8日 事務部 H





院内菜園栽培中!

だいぶ日差しが強くなってきました。

聖隷横浜病院では、この時期はお庭に注目です。
実は当院、花や野菜の栽培が盛んです。
中庭と西側の庭園では、現在ボランティアさんの植えて下さった野菜がすくすくと成長中です。西側の庭園にはお芋が、中庭と病院入口にはキュウリと思われるツルが生えてきました。

病院一帯はとても日当たりがいい場所なので、きっと大きいお野菜に育つことでしょう!


2017年8月7日 事務部 H

病院東側のお芋はツルが伸びてきました!



病院入口でもお花とお野菜が育ちざかりです



一次救命処置の講習会を開催しました!!

新緑脳神経外科病院にてBLS講習会(Basic Life Support:一次救命処置)を開催しました。


当院以外の看護師、理学療法士、放射線技師、事務職員と多彩な職種32名の方々にご参加いただきました。(当院からは救急看護師2名、救急救命士3名、地域連携室3名が参加しました。)
実技を中心とした内容で、和気あいあいと楽しく行うことができました。参加者からは、実際には緊張する場面ですが、「新しい視点から復習することができた。楽しく学ぶことができ印象に残った!」などうれしい声をかけていただきました。私たちも、活発な意見交換から人に伝える大切さやBLS教育の必要性が再確認できました。


BLSだけでなく、窒息や止血処置といった応急手当や院内での対応も学びたいという声がありました。
当院では昨年度より病院内の職員にBLS研修を行い、200名を超える職員が受講しています。受講していただく方の要望に応えられるようステップアップしていくとともに、地域の皆さんとも交流していきたいと思いました。開催のご希望がありましたらぜひ地域連携室までお声がけください。

8月2日 救急救命士 F




建設会社の事務所前にて野菜収穫!第2弾!

2017年7月27日(木)に当院の職員、ひだまり保育園(病院内保育所)の園児のみなさん、建設会社の職員さんとミニトマトの収穫をしました!

収穫場所は、前回(2017年6月に)実施した建設会社の事務所前です!
赤や黄色く色づいたミニトマトを、ひだまり保育園の園児のみなさんが笑顔で収穫している姿は、とても微笑ましかったです♪


後日、ひだまり保育園の先生から聞きましたが、ミニトマトを園児のみなさんがおいしそうに食べてくれたそうです♪



☆前回(2017年6月)の収穫の様子は、こちらをご覧ください☆





2017年8月1日 事務部 N



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?