グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



特色と取り組み


ホーム  > 特色と取り組み  > 医療安全管理室

医療安全管理室

聖隷横浜病院では医療安全に取り組んでいます。


病院安全管理に関する基本方針

当院は、“私たちは、隣人愛の精神のもと、安全で良質な医療を提供し、地域に貢献し続けます”を理念に掲げ、患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することを通して、地域社会に貢献することを目指しています。

業務内容

  1. 医療安全に関わる各種委員会の企画、運営
  2. インシデント・アクシデントレポートの収集、分析、管理、報告
  3. 事故分析から対策案の提示
  4. 医療安全に関する相談業務
  5. 医療安全巡回の企画、実施
  6. 医療安全管理週間の開催
  7. 医療安全に関する講演会、研修会の企画、運営
  8. 医療安全に関する各種ニュースの発行
  9. 安全管理のための指針やマニュアルの整備と見直し
  10. 医療事故の対応

職員構成

定例の医療安全管理室会議

  1. 統括医療安全管理者(医療安全管理室室長):医師
  2. 専従医療安全管理者:看護師
  3. 専従院内感染管理者:看護師
  4. 医薬品安全管理責任者:薬剤師
  5. 医療機器安全管理責任者:臨床工学技士
  6. 兼任医療安全管理者:事務
  7. 病院安全管理委員会事務局:放射線技師

医療相談室メンバーとともに、患者サポート合同カンファレンスも行っています。

活動状況の一部紹介

医療安全全体研修会

≪医薬品セミナー≫

≪CE(医療機器)勉強会≫
年間計画のもと毎月1~2回、全職員対象に医療機器に関する勉強会を開催しています。

《グループワーク研修》
2011年度より、医療安全の推進・質の向上のため『チームSTEPPS』と有効なコミュニケーションツールを知ることをねらいとして、全職員対象にグループワーク研修をおこなっています。


  • 2011年度
    「導入編」ねらい:「チームSTEPPS」の存在を知る
    「人は間違える」「チームワークの必要性」を体験する

  • 2012年度 「Step2」
    ねらい:チームSTEPPSにおける『相互支援』のツールを知る

  • 2013年度 「Step3」
    ねらい:チームワークコンピテンシー『コミュニケーション』のツール「SBAR」を知る

  • 2014年度 「Step4」
    ねらい:「チェックバック(再確認)」というコミュニケーションツールを知る

  • 2015年度 「Step5」
    ねらい:「ブリーフィング」というツールを知る



※同じ内容の研修を毎年、年間9~10回実施しています。
様々な職種の職員が参加し、演習やグループディスカッションを中心に研修をおこなっています。

安全目標

職員から応募された安全標語作品から、毎月「月間安全目標」として選出し全体朝礼で復唱しています。

医療安全週間

毎年『5S』をテーマに職場ラウンドを行っています。
各職場における取組みの中で、優秀な職場の表彰を行いました。

医療安全ラウンド

毎月、医薬品、医療機器、医療安全職場ラウンドを行っています。

安全管理情報

院内・院外の医療安全に関する情報を毎月定期的に情報配信しています。

医療安全管理体制

医療安全管理指針(医療安全マニュアルの一部抜粋)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.