グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 検査課  > 病理検査

病理検査

適切な治療のためには適切な診断が必要になります。
病理検査では体から採取された組織や細胞を顕微鏡で観察することにより病理診断を行い、主治医に報告され治療に生かされます。
臨床検査技師は臓器等の検体の処理、標本の作製などを行い、正確かつ迅速に結果報告を行えるよう臨床医や病理医と連携しています。

組織診断

内視鏡検査を行った際に、胃や大腸、肺などの組織の一部を採取し病理診断を行う「生検病理診断」や、手術によって摘出された臓器や組織で病理診断を行う「手術材料の病理診断」があります。
生検病理診断では治療方針の決定を少ない侵襲で行うことができます。
手術材料の病理診断ではどのような病変がどのくらい進行しているか、手術で全て取りきれているのか、がんであれば悪性度や転移の有無を調べることで治療方針の決定に役立ちます。

細胞診断

尿や喀痰などを顕微鏡で観察し、がん細胞が混ざっていないか判断するのが「細胞診断」です。乳腺や甲状腺にしこりがある場合、針を刺して細胞を吸引する「穿刺吸引細胞診断」を行うこともあります。

術中迅速組織診断

「術中迅速組織診断」は、がんの広がりや転移の有無を確認し、手術による切除範囲を決定するために、手術中に採取した組織の標本を直ちに作製し診断します。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.