グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2012年  > 2012年12月

2012年12月

院内の「FISH(フィッシュ)」活動をご紹介します!③ ~他部署へのクリスマスカード~

クリスマス献立

今年もようやくこの時期を迎えました。クリスマス・イブの病院食は見た目も華やかに、いつもより少し豪華なものになりました。病院食では、熱々に焼き上がったグラタンをそのままお届けする・・のは難しいですが、クリスマスカードと共に手作りの温かさを感じていただければいいなと思います。

2012年12月24日 医療技術部H

2012年度 中堅職員研修 修了

「中堅職員としての自覚に立ち、生き生きとした職場風土を作っていくために必要な知識・技能を習得し、実践にあたっての自分の仕方を見出すことができるようになる」ことをねらいとして、今年6月29日(金)にスタートした全5回の中堅職員研修が12月14日(金)に無事に終了いたしました。
9月には1泊2日の宿泊研修も行い、数多くの講義やグループディスカッションを経て、中堅職員としての役割や問題解決方法、リーダーシップ等を学びました。そして、最終日には病院経済についてのシンポジウムを行い当院の現状や各職場の取り組みを知る大切な時間となりました。
閉講式の際は、岩崎院長、望月総看護部長、中村事務長の参加のもと岩崎院長より修了証書が一人ひとりに手渡されました。これで中堅職員研修は終わりとなりますが、これから各職場に戻ってからが重要になります。職場の中心的な存在として力を発揮していきましょう。

2012年12月21日 事務部S

クリスマス・キャロリング

当院では毎年この時期に、清水ヶ丘教会聖歌隊の皆さまによるキャロリングを行っています。今年も病棟と横浜エデンの園にお越しいただき、クリスマス聖歌を合唱してくださいました。ご参加いただいた皆さまにも一緒に歌っていただき、病棟がクリスマスの楽しい雰囲気に包まれました。
訪問してくださった教会の皆さまに厚く御礼申し上げます。
また、当日にスケジュール変更があったため、全病棟訪問することができなかったことをお詫び申し上げます。

2012年12月20日 事務部N

第29回腎臓病教室を開催しました

2月15日(土)に第29回腎臓病教室を開催しました。
今年度は毎回テーマを設けてお話をしています。
今回のテーマは『腎臓と血圧・動脈硬化について』です。
医師からは『なんて怖い!動脈硬化』、臨床検査技師からは『動脈硬化を目で見てみよう!』、管理栄養士からは『塩と油のお話』という内容でそれぞれ講義がありました。
腎臓が悪くなると動脈硬化を引き起こします。そして、動脈硬化が進むとさらに腎機能が悪くなる悪循環に陥ります。動脈硬化は心疾患や脳卒中などのリスクになるので注意が必要です。まずは禁煙、運動、食事療法などから動脈硬化の予防を始めてみましょう!


今回の試食は、低たんぱくごはん、豚の生姜焼き、ポテトサラダの3品でした。
腎機能が低下すると、たんぱく質を制限した食事にする必要がありますが、その分他の栄養素でカロリーを摂取しなければなりません。
今回の試食ではたんぱく質が少なく脂身の多い部分の豚肉を使って生姜焼きを作ったり、ポテトサラダに少しマヨネーズを多めに使うことで脂質を増やしたり、たんぱく質以外でカロリーを摂る工夫がされていました。
マヨネーズは塩分が意外と少ないので、腎機能の低下した方にはおススメの調味料です。
また、市販のだしやドレッシングを使わずに手作りで作ることで塩分を減らすこともできます。
このような工夫を日々の食事の中で取り入れていただけたらと思います。

次回の腎臓病教室は『末期腎不全~透析を中心に~』をテーマにして、医師、薬剤師、管理栄養士からお話をさせていただく予定です。
来年3中旬の開催を予定しておりますので、少しでも興味をお持ちの方はぜひご参加ください!!(なお試食の関係上、予約をお願いしております)

2012年12月19日 医療技術部H

看護部新人研修シリーズ⑭「メンバーシップ研修」

先日、メンバーシップ研修がありました。日々チームで働きながら、自分のことで精いっぱいになり、なかなかメンバーとしての役割について考える機会はありませんでした。今回の研修では、一人ひとりが違う情報を持ち寄って一つの地図を完成させるという演習や、その振り返りから「メンバーの役割」についてグループで考えることで、普段何気なく行っていることもメンバーシップのひとつであると実感できました。また、「新人だから難しい」のではなく、「新人だからできる」役割もあるということに気付けました。もう少し周囲を見渡せるように頑張っていきたいと思います。

2012年12月17日 看護部Y

看護研究発表会がありました

毎年この時期に、看護部の研究発表会が開かれます。これは概ね3年程度の経験がある看護師・助産師の研修の一環で、夏ごろから取り組んでまとめた研究を皆の前で発表する場です。先週この発表会が開かれ、今年は13人の研究者たちが自身の“力作”を披露しました。柔軟な感性と視点で取り組んだ研究の結果は、研究者にとっても、それを聞く他の看護職にとっても「根拠に基づく看護」につながる貴重な財産です。研究者には、この学びと経験を活かしたそれぞれの持ち場での活躍を、聴講した皆さまには、患者さんの看護への応用や研究者たちの更なる活躍の場の提供を期待したいと思います!

2012年12月10日 看護部T

院内の「FISH(フィッシュ)」活動をご紹介します!② ~12月の飾り付け~

街ではクリスマスのデコレーションやイルミネーションが輝いていますが、院内にもそんな季節を感じる場所があちらこちらに「出現」しています。今回は東2病棟のスタッフからお話を伺いました。
「毎月ではありませんが、その時期に近い季節感を出せればと思い作っています。患者さんやご家族の方、もちろんスタッフにも、通りすがりに一瞬の笑顔が出るような『和み』系、『癒し』系を意識して飾り付けています。毎月通院時に寄ってくださり『楽しみにしてるよ!』と声をかけていただいたりして、励みにもなっています!」
電飾とはまた少し違った風合いをお楽しみいただければと思います。

2012年12月10日 看護部I

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.