グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2012年  > 2012年8月

2012年8月

日本集中治療医学会関東甲信越地方会に参加してきました

8月25日、日本集中治療医学会地方会に参加してきました。
今回は群馬県の大学病院が主催ということで、前橋市民文化会館で行われました。
集中治療の分野では、重症な患者さんに対する48時間以内の栄養投与や入院当日からのリハビリ・運動など、今までは患者さんの負担になるのではないかと敬遠されていた治療内容がきわめて重要で、患者さんの回復状態にも大きく左右します。今回の地方会でもその内容と同様+αの講演が有名な先生方からあり、改めてそれらの治療について重要性を認識しました。
また、呼吸状態が悪化している病態への新しい治療の考え方についても学べ、とても有意義な学会でした。
看護の面に関しても、集中治療分野の様々な事例を発表していたりと、2月末に参加した日本集中治療医学会本会(全国版)にも劣らないほどの充実した内容の地方会となりました。
帰りには、高崎名物のだるま弁当を新幹線内でいただきながら、この記事を執筆しました。

2012年8月27日 看護部S

リレーブログ「私の通勤方法」⑥

私は、神奈川区と保土ヶ谷区の境目、現在相鉄線とJR線、東急線が接続工事を行っている羽沢駅(仮称)近くよりマイカー通勤をしています。時折夜間の受診のために神奈川区在住の方からお電話を受けますが、車で来られる方の参考にしていただければと思います。
自宅からは環状2号線までわずか数分、でも乗ったかと思うとすぐに国道16号へ降ります。駅で言うと相鉄線上星川の少し西谷寄りで合流することになります。この辺りにくると16号線も道幅が広く2~3車線あるので、車の流れもわりとスムーズです。
この道を、ひたすら星川・洪福寺方面に向かって直進します。信号のつなぎはよくても車の量は多いので、スピードは出せません。安全運転、安全運転♪ 線路を超えるカーブのきいた橋をわたると、浜松町の交差点です。朝はこの交差点が混雑するとよく言われますが、つい最近道路工事が行われ、左折・直進・右折ラインがそれぞれ2車線ずつに、信号も順番に変わるようになって、流れが少しよくなったようです。といっても、右折があまり混まないのは以前からでしたが。。。
この交差点を右折すると国道1号のさらに広い通りに合流します。途中、西横浜の駅前を藤棚の商店街に曲がっていくルートもありますが、朝は登校する生徒さんが多いので、私は円福寺前の交差点まで直進します。春にはお寺の桜が国道に沿って上から覆うように枝を伸ばし、自然と速度も緩んでため息がもれるほどのお花見ができますよ。
交差点から坂を上り、東隧道(トンネル)を抜けると病院の敷地前に出ます。駐車場へは、この鋭角の交差点を左→次の信号を右→次の信号を右、のルートになります。自宅から病院まで約20分、タクシーを使うと2000円超といったところです。

2012年8月27日 看護部T

人工呼吸器の勉強会

先日、臨床工学室主催の呼吸器の勉強会に参加しました。今回は呼吸器の各アラーム内容やモード、導入方法についての勉強会で、実際に呼吸器を使用して立ち上げから導入までのシミュレーションをしていただいたので、イメージがつきやすく、呼吸器勉強中の私にとって、非常に為になる会でした。
モードの特徴や適応は少し難しいと感じていた部分もありましたが、今回で理解が深まったので、これを元にさらに呼吸器の勉強を進めていこうという意識が強まりました。

2012年8月21日 医療技術部N

看護学生・看護師合同就職説明会

先日、横浜ワールドポーターズにて神奈川県医療福祉施設協同組合主催の看護学生・看護師合同就職説明会がありました。
参加者の方々には病院概要、看護部の教育制度や研修制度、看護宿舎やお休みについての説明を中心に行いました。
この説明会にお越しくださった方の中から既にインターンシップ、病院見学へのお申込みがあり、実際にインターンシップに参加された方からは「説明会に参加して良かった」、「説明を聞いて実際の病院が見てみたくなった」という声が聞かれました。
今後も1人でも多くの方に当院の魅力を伝えるために採用活動を行っていきます。
次回は11月3日(土)藤沢産業センターで行われる説明会に参加予定です。ご来場の際はぜひ当院ブースに一度お立ち寄りください。

2012年8月16日 事務部H

日常の一コマ②「リハビリ室」

「少し痛いですか?」「もう一回やってみましょう!」リハ室の毎日は明るい。急性期病院でのリハビリでは、患者さんは疾患との戦い(疾病自体、術後の疼痛、さらにもともとできたこともやりにくくなる)を続けており満身創痍です(回復期は術後疼痛が和らいでいるとはいっても後遺障害の残存、毎日リハビリ中心の生活など大変なことに変わりはありませんが…)。しかし、気分を一新し少しでも笑いで打ち負かそうと、毎日朝から晩まで理学療法士・作業療法士一人当たり12~16人の患者さんを治療しております。
当院は聖隷福祉事業団の関連施設なので、4月から浜松の作業療法士の応援を得ています。大変助かっており、現在後半組の作業療法士が来ています。浜松から横浜転勤では彼氏とのしばしの別れ??もあったりして。静岡での生活が長いので会話はどことなくイントネーションがおかしいのですが、ご愛嬌!楽しく元気になりましょう。

2012年8月14日 広報S&I

グリーンカーテン成長記録②

6月初旬に苗を植えたゴーヤも2カ月ほどが経ち、立派なグリーンカーテンとなりました。
前回ご紹介した時には花が少ししか咲いていませんでしたが、今ではたくさんの花が咲き、実もたくさん付きました。茂った葉は暑い夏の日差しを遮り、見た目にも涼しげで“癒し”を与えてくれます。
収穫時期をむかえたゴーヤは院内託児所の園児たちに収穫をお願いしました。
子どもたちはゴーヤの収穫が楽しかったようで、最後の記念撮影では可愛い笑顔をいただきました。
今後もたくさんの方に笑顔になっていただけるように、愛情いっぱいでグリーンカーテンを育てていきたいと思います。

2012年8月10日 事務部N

高校生の1日看護体験

先日の7月31日と8月3日の2日間、かながわ看護フェスティバル2012主催の高校生1日看護体験を開催しました。
当日の朝、高校の制服から白衣に着替え、髪をしっかりとまとめて名札を付けて、初々しい看護師が勢ぞろいしました。
今年は例年以上に参加者が多く、全病棟と外来にわかれて看護体験をしていただきました。
実際には、介助が必要な患者さんの入浴準備をしたり、検温のために体温計を渡したり、車椅子を押して移動の手伝いをするなどしていただきました。また、新生児の沐浴の見学や授乳介助の見学もできました。
看護師・助産師の仕事を初めて間近で見て、多忙の中で患者さんとの会話で感動したり、はつらつと働く看護職に憧れを抱いてもらったりと多くの感想をいただき、無事に終了しました。
これを機会に、看護や医療に興味をさらに持って、近い将来同僚として、同じチームメンバーとして一緒に仕事ができることを願っています。
参加してくださった生徒の皆さん、当院にお越しいただき本当にありがとうございました。素敵な夏休みをお過ごしください。

2012年8月10日 看護部Y

リレーブログ「私の通勤方法」⑤

桜木町・日ノ出町付近から病院までの経路を紹介します。
バイク・自転車・車ともこの道が一番近いと思いますので参考にしてください。私の晴れの日の通勤ルートです♪
歓楽街で賑わう野毛の町を抜けると、目の前に巨大な坂が見えます。これが彼の有名な「野毛坂」です。まずはこのゴールの見えない坂を上ります。朝の通勤時は桜木町駅へ向かう学生やサラリーマンが軽快に坂を下っていくのを横目に、只々ひたすら上っていきます。
途中右手には野毛山公園があり、坂道で苦しいながらも四季の変化を感じることができます。左手には中央図書館があります。市立図書館の中央館としての所蔵数では大阪市、札幌市に次いで日本で3番目の大型図書館だそうです。(wikipediaより)
どんどん上って小さな交番を過ぎると(夏はこの辺で汗だくです)、野毛坂のゴール地点である野毛山動物園が現れます。なんと入園料は無料の上、8月は「ナイト野毛山」が開催され、夜の動物たちを観察することができます!
頑張って辿り着いた後は一瞬呼吸を整え下り坂。自転車だととっても気持ちがいいです♪
そのうち住宅地の真ん中に小学校が見えてきます。登校する元気な小学生とすれ違いながら、その後は上り坂と下り坂を繰り返し、最後に久保山を上って病院へ到着。
野毛~小学校までは市営バス89系統のバスが出ていますが、小学校から病院までは歩いて20分はかかるので、バスご利用の際は市営バス32系統で病院前まで行くのが一番便利だと思います。
付近は激しい坂が多く毎日朝からバテバテですが、大通りとは違ってのんびりとした風景を楽しむことができます♪

2012年8月1日 医療技術部O

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.