グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2013年  > 2013年2月

2013年2月

日本がん看護学会で発表しました

2月16日~17日、日本がん看護学会でのポスター発表のため、石川県の金沢に行ってきました。
大雪と寒さを覚悟していましたが、思ったよりは寒くなく、雪も少し積もる程度で、大きな問題なく過ごすことができました。(笑)
ポスター発表は「緩和ケア外来における在宅医療への移行支援」というテーマで、当院で行っている看護ケアや他職種との連携について説明し、他院の看護師からも好評でした。
金沢駅周辺では、日本全国から集まった看護師達でいっぱいで、夜は、食事処・居酒屋共に何処も満席状態でした。
2日間あっという間でしたが、久しぶりに友人に会うこともでき、楽しく過ごすことができました。

2013年2月28日 看護部M

カーテン交換

院内では、定期的にカーテン交換をしていますが、現在設置されているカーテンのリース契約が2月末日で終了となるので、病棟・外来で新しいカーテンへの交換作業が順次、行われています。
私の職場は小児科外来と同じ棟にあるので、かわいいピーターラビットのカーテンになりました。

2013年2月24日 看護部N

看護ナビフォーラム「合同就職説明会」(東京会場)に出展しました!

2月9日(土)、東京国際フォーラムで行われた看護ナビフォーラム「看護学生&看護師 合同就職説明会」に出展しました。
2014年3月に卒業する看護学生さんを中心に、病院概要や看護の教育・研修制度、仕事内容の説明を行い、15名の方々と直接お会いし当院を知っていただく良い機会となりました。
真剣に話を聞きながらメモをとる姿や担当者に質問をする姿など、積極的な姿勢が印象的でした。この説明会をきっかけに、より多くの方に病院見学やインターンシップに参加していただければと思います。
次回は、2月24日(日)新都市ホール(横浜そごう9階)で行われます神奈川県医療福祉施設協同組合が主催する合同就職説明会に出展予定です。
ご来場の際には、ぜひ当院ブースにお立ち寄りください。

2013年2月22日 事務部S

臨床研修評価 受審

2月15日(金)にNPO法人卒後臨床研修評価機構による臨床研修評価を受審しました。
今回の受審を機に、研修医教育の標準化、研修機能の充実を図るほか、病院全体での関わりが推進され、病院全体の質を向上させることができたと思います。
受審結果はまだ届いておりませんが、いい結果が出てくれることを祈っております。

臨床研修評価とは??
臨床研修病院の質の改善・向上を推進することにより、利用者が安心して受診できる病院および利用者が求める良い医師を育てることを目的とします。

2013年2月18日 事務部S

がん患者さんの療養環境についての勉強会を行いました

がん患者さんが、より良い療養生活を送るための場を整えるために、私たち外来の看護師は何をお手伝いすればよいかというテーマで勉強会を行いました。
療養の場については、大切な時間を入院して過ごすのではなく、住み慣れた我が家で、家族と今までと変わらない生活を送りながら最期の時を迎えたい方、また、ホスピスで専門的な緩和ケアを受けながら最期の時を迎えたい方など、患者さんやご家族の希望はさまざまです。
それぞれの思いを聞きながら、ご本人や支えるご家族が納得できるよう、サポートをしていくことが大切だと学びました。
今後も、アンテナを高く立て、勉強していきたいと思います。

2013年2月14日 看護部H

BLS(一次救命処置)訓練を行いました

先日、臨床工学室の職場内でBLSの訓練を行いました。BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)の略称です。一次救命処置とは 、急に倒れたり、窒息を起こしたりした人に対して、その場に居合わせた人が、救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急手当のことです。
元々、病院のスタッフとしてBLSは知らなければならないことですが、普段行っている業務ではないので、実際の臨床現場でスムーズに参加できるか、不安がありました。今回の訓練では、BLS用の人形や救命グッズが準備されており、実際に体を動かして体験できました。BLSのやり始めは不安に感じていた通りスムーズに動けなかったので、改めて一連の流れを復習することができて良かったです。

2013年2月12日 医療技術部Y

接遇研修会を開催しました!

先日、当院で働く全職員の接遇マナー・スキルの向上を目的とした接遇研修会を開催いたしました。
これまでは外部講師を招いての開催でしたが、今回は院内の接遇委員会のメンバーが講師となり、講義や演習を行う初めての試みとなりました。
身だしなみや電話対応、敬語などをテーマとした盛りだくさんの内容に、受講者も学びを深められた様子でした。
今後も定期的に研修会を開催し、当院のさらなる接遇スキルアップに繋げていきたいと思います。

2013年2月8日 接遇委員会S

看護倫理Ⅱ研修が行われました

自らの行動を律する職業倫理規定を有することは専門職の条件の一つです。
看護職の職能団体である日本看護協会は「看護者の倫理綱領」を公表しており、私たち看護師や助産師が現場で倫理的判断に迷うときに、この綱領を活用しています。
当院の看護部では、この「看護者の倫理綱領」や「倫理原則」を学ぶ場として、新人看護師を対象とした「看護倫理Ⅰ」と、6~8年目看護師を対象とした「看護倫理Ⅱ」の2つの研修を実施しています。
1月25日は「看護倫理Ⅱ」の研修が開催され、看護師・助産師12名が参加しました。
研修では、講義のあと、現場で倫理的判断に迷ったケースを持ち寄り、グループで討議しました。研修生からは「もやもやしていたケースを考える機会になり、すっきりした」という意見がありました。

2013年2月4日 看護部教育委員会N

節分

2月3日、節分の日のお食事には行事カードと節分豆を添えてお出ししました。今年は休日だったこともあって、ご家庭で豆まきをされたところも多いのではないでしょうか?節分でまく豆は一般的には“炒り豆(炒った大豆)”ですが、地域によっては“落花生”をまくところもあるようですね。病院食では患者さんの食べやすさに合わせて、豆に見立てた“たまごボーロ”もお出ししていますが、これなら老若男女問わずに召し上がれるので、ご高齢の方や小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめです。

2013年2月3日 医療技術部H

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.