グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2013年  > 2013年9月

2013年9月

園芸療法『夕顔開花』

園芸療法、第9弾です。
「夕顔」です。
今回は残念ながら食べ物ではありません。
夕方にならないと花が咲かない夕顔。なかなかリハビリの訓練時間中には咲いてくれませんが、もし花が開いているところが見られたらラッキーですね。いいことがあるかも?
リハビリに来ての運試し・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第10弾をお楽しみに!

2013年9月26日 医療技術部 K、W、I

園芸療法『青梗菜収穫』

園芸療法、第8弾です。
「ミニ青梗菜」です。
読めますか?チンゲン菜です。そうです、中華料理には欠かせない野菜ですね。
種を撒いて発芽させ、水を撒いて虫を駆除し、ようやくここまで育ってくれました。
リハビリに来ておいしい料理に思いを馳せる・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第9弾をお楽しみに!

2013年9月23日 医療技術部 K、W、I

園芸療法『バジル収穫』

園芸療法、第7弾です。
「バジル」です。
ハーブの一種であるバジルはイタリア料理には欠かせないものだそうです。
トマトの隣で栽培するとおいしくなるとのことで植えましたが、夏をこえていつの間にかこんなに大きくなりました。
独特の匂いを放ち、虫よけとしてもがんばってくれています。
リハビリに来て香りを感じる・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第8弾をお楽しみに!

2013年9月22日 医療技術部 K、W、I

看護係長研修が行われました!

9月20日、看護部の係長(一般でいう主任クラスです)が集まり、看護倫理について学びました。
看護倫理の基礎を復習したあと、日頃、倫理的に問題だと考えたケースや、もやもやしていたケースを持ちより、係長としてどのような行動がとれるかグループで討議しました。
「おかしいなと思うことをそのままにしないこと」
「倫理的におかしいと思った理由を事実に沿って説明すること」
「患者さんの利益のためにどのような権利を守るべきか、優先すべきか検討し、看護者として取るべき行動を考えること」
倫理的行動のためにはこの3点が重要です。
今後も、係長として患者さんによりよい看護を提供できるよう、倫理的感性を磨き続けていきたいと思います。

2013年9月20日 看護部 N

園芸療法『西瓜収穫』

園芸療法、第6弾です。
「西瓜」です。
読めますか?夏といえば「スイカ」ですよ。
マスコット的な存在になってくれれば、と苗を植えました。この夏の酷暑でお世話が疎かになってしまい、放っておいた感じになってしまったのにもかかわらず、なんと立派なスイカになりました。意外と簡単?
さすがにみなさんビックリしてくださり、大きくなる様子を毎日観察にこられる方もいらっしゃいました。
スイカはみんなのアイドルでした。
スイカ割り、はさすがにできませんでしたが中も赤く、甘いおいしい物ができました。
リハビリに来て季節を感じる・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第7弾をお楽しみに!

2013年9月20日 医療技術部 K、W、I

園芸療法『とうがらし収穫』

園芸療法、第5弾です。
「とうがらし」です。
そうです、鷹の爪です。
蚊除けのつもりで植えてみたところ、たくさんの実がなってくれました。鮮やかな赤い色が園芸療法に彩りを添えてくれています。
一かじりしてみましたが、その辛さも立派なものでした。
リハビリに来て刺激を受ける・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第6弾をお楽しみに!

2013年9月20日 医療技術部 K、W、I

中秋の名月

9月19日は中秋の名月です。
病院食では、ごはん、月見ハンバーグ、ポテトクリーム煮、コンソメスープを提供しました。
昔から、お月見の時には、お団子とすすきを備えるのが一般的です。地方によっては、豆や芋、早く収穫された稲などをお供えします。農作物の実りに感謝する行事です。
秋は、空が澄み渡り、月の高さも眺めやすくなっています。
空を見上げてみると、美しい空に心もなごみますね。

2013年9月19日 医療技術部 K

園芸療法『オクラ収穫』

園芸療法、第4弾です。
「オクラ」です。
オクラの実がこのようにできることはご存知でしたか?
ビックリされた方が非常に多く、「おもしろいね。」「初めて見た!」とみなさん笑顔での収穫となりました。
リハビリに来て新たな発見で笑顔になる・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第5弾をお楽しみに!

2013年9月19日 医療技術部 K、W、I

NST養成セミナー

9月18日(水)、7月に引き続き、今年度第2回目のNST(栄養サポートチーム)養成セミナーが行われました。
今回は味の素製薬さんに『成分栄養剤』について分かりやすく教えていただきました。
なかなか聞き慣れない用語とは思いますが、要は食べ物を消化する力がない時に代わりに飲む栄養剤です。
これが驚くことに、国内では32年前に味の素さんから発売されて以来同じ効果の栄養剤は発売されていないのです。
今回の勉強会では、このエレンタールという成分栄養剤の試飲も行いました。そのままではお世辞にも美味しいとは言えないですが、10種類のフレーバーから選んで味を変えることで不思議と美味しく飲むことができました。
薬をまずいと我慢して飲むのではなく、少しでも患者さんに美味しく飲んでいただこうという心遣いが感じられました。

2013年9月18日 医療技術部 N

敬老の日

9月は敬老の日です。長寿の方をお祝いする、日本独自の行事です。
敬老の日の献立は、赤飯、いわしのかば焼き、インゲン胡麻和え、かぼちゃの茶巾絞り、かき玉汁でした。
行事カードでは、ボランティアの方、実習生の協力をいただき、ぬくもりのあるカードにしました。折り鶴を1枚1枚折り、みなさまの回復をお祈りいたしました。

2013年9月16日 栄養課 K

園芸療法『ナス収穫』

ずいぶんご無沙汰をしてしまいましたが、第3弾です。
なかなか実がつかず心配していましたが、立派な茄子の収穫ができました。
「そろそろ実がついたかしら?」「今日は収穫しに行きたい!」と大変楽しみにしてくださる方が多く、茄子は大人気です。
「リハビリに来る楽しみが増えたね。」・・・園芸療法ならではですね。
さあ、次は第4弾をお楽しみに!

2013年9月14日 医療技術部 K、W、I

看護倫理研修を行いました。

まず、倫理とは何かという事から始まったのですが、漠然としたことしかわからず、いざ説明するとなると言葉に詰まりました。簡単にいうと、倫理とはグループでのマナー・ルールという意味だそうです。
午前中はDVD鑑賞を行い、その内容について考えていくというものでした。新人看護師、患者、付き添い人、先輩看護師が登場するのですが、それぞれの気持ちになって考えたり、その登場人物の行動や責任の取り方はどうだったのかを『看護者の倫理綱領』と照らし合わせたりしながら、話し合いました。
そして午後は各グループに分かれて、実際に自分たちが体験した事例をもとに話し合いました。倫理綱領の条文や解説だけを見ると、難しく書かれておりよくわからない部分も多かったのですが、事例に当てはめる事で、実は日々の業務の中でも知らず知らずのうちに行われているのだと知りました。
今回の研修では、相手の立場に立って考えることや、これで本当にいいのか考えることの大切さを学びました。明日からまた忙しい日々が続くかとは思いますが、自分の行動を振り返る時間も必要なのだと感じました。

2013年9月13日 看護部 N

虹が見えました!!

気づいたら窓をバタバタと打ちつけるような物音が??陽の光は出ているのに大粒の雨が大量に降っていました。「変な天気だなぁ。」と思いつつ、時間が経ってから外を見てみると…虹が見えました!!残念ながら肉眼で見た方がもっとはっきりと見えていたのですが、空からのプレゼントに心癒されました。

2013年9月3日 事務部T

中堅研修(宿泊研修)

8月29日、30日は中堅研修の山場でもある宿泊研修を、職場を離れ海の見えるマホロバ・マインズ三浦で開催しました。
当日は、天候にも恵まれ東京湾を一望できる絶景の中で研修を行なう事ができました。
この宿泊研修では、『職場におけるコミュニケーションの問題点を明確にし、解決のために自分が出来る具体的な行動目標を見出す。』をテーマにKJ法を使い6時間という長丁場の中で改善策を導き出しました。
1日目の研修終了後には、おいしい料理を食べ、またインフォーマルミーティングでは研修生同士の親睦を一層深める事が出来ました。
2日目は、前日のインフォーマルミーティング終了後から夜遅く?(朝早く?)まで研修生個人が考え原稿にまとめた5分間スピーチで『職場におけるコミュニケーション改善のための私の行動指針』について熱い思いを発表しました。研修生たちが職場に戻り発表した行動指針を実践しますので期待しつつ見守っていきます。

2013年9月2日 研修委員K

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.