グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



採用情報


ホーム  > 採用情報  > 研修医募集について  > 研修プログラムについて

研修プログラムについて

聖隷横浜病院卒後臨床研修プログラム

モデル研修スケジュール

1年次内科 6カ月
(内科系診療科を各2カ月)
救急部門 2ヵ月麻酔科 2カ月選択科B 2カ月
2年次救急部門
1カ月
救急部門
1カ月
(整形・脳神経外科)
地域医療 1カ月
・平和病院
・聖隷沼津病院
外科
2カ月
※選択科A
3カ月
選択科B
2カ月
内科
2カ月

  • 選択科A…下記の聖隷横浜病院、または協力病院の診療科より計3カ月間選択

  • 選択科B…下記の聖隷横浜病院の専門各科から選択

  • ※厚労省が定める到達目標のうち特に選択必修分野において、選択していないなどにより必須到達目標が経験できないと見込まれる場合、選択期間Aのうち1カ月位を用いて経験できるよう手配する

  • 2年目救急領域…1カ月:救急科
    1カ月:脳神経外科または整形外科のうち1科を選択

協力病院

協力病院名診療科
聖隷横浜病院【内科】総合内科・呼吸器内科
・消化器内科・腎臓高血圧内科・内分泌糖尿病内科・心臓血管センター内科・リウマチ膠原病内科

【救急部門】救急科、整形外科または脳神経外科

【選択必修】外科、麻酔科、(小児科)

【選択科のうち上記以外の診療科】呼吸器外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、病理診断科、総合診療科
聖隷浜松病院総合診療内科、呼吸器内科、消化器内科、膠原病リウマチ内科、腎臓内科、内分泌内科、神経内科、循環器科、精神科、産婦人科、不妊内分泌科、小児科、小児循環器科、新生児科、外科、消化器外科、胆・肝・膵外科、乳腺科、大腸肛門科、小児外科、呼吸器外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、眼形成眼窩外科、形成外科、放射線科、腫瘍放射線科、緩和医療科、化学療法科、腫瘍治療科(腫瘍放射線科・緩和医療科・化学療法科の3科ローテーション)、皮膚科、麻酔科、心臓血管外科、脳神経外科、脳卒中科、てんかんセンター、リハビリテーション科、整形外科、臨床検査科、病理診断科、手外科、救急科
聖隷三方原病院総合診療内科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科、循環器科、内分泌代謝科、救急科、麻酔科、外科、呼吸器外科、整形外科、泌尿器科、心臓血管外科、形成外科、神経内科、脳神経外科、脳卒中科、精神科、放射線科、小児科、産婦人科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、ホスピス科、化学療法科、病理診断科、リハビリテーション科
聖隷沼津病院地域医療(内科、外科、産婦人科、小児科、眼科)
横浜医療センター小児科
済生会横浜市南部病院小児科
聖マリアンナ医科大学病院救命救急科、放射線科
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院救命救急科、放射線科
港北病院精神科
平和病院地域医療、外科、緩和ケア

★選択科については、各科・各病院の状況を優先するため、受け入れの可否については、その都度検討する。

プログラムの目標:厚生労働省ガイドライン

初期研修において、すべての研修医が全人的で科学的根拠に基づいた医療を実践し、プライマリー・ケアを中心に医師として必要な基本的診察能力を身に付け、人格を涵養し、常に病む者とともにある精神を育成することを目標とする

プログラムの特徴

1年目に基礎力をつけ、2年目には将来ビジョンに合わせて選択することができる。発展性のあるプログラムになっています。

選択必修科の固定

当院では、選択必修科目のうち「麻酔科」「外科」を病院必修としています。
これは、将来の志望科が内科系、外科系であるに関わらず、気管挿管術や疼痛管理、全身管理などひと通り身につけておくことが、初期臨床研修の中で非常に意義のあるものと考えているためです。

2種類の選択期間

当院の選択科には、当院の診療科より選択できる「選択科A」と、協力病院の指定診療科より選択できる「選択B」の2種類があるため、本人のビジョンにあわせてバランスよく診療科を選択することができます。

有名病院での研修も選択できる

当院では、聖隷浜松病院・聖隷三方原病院に加え、横浜医療センター、済生会横浜市南部病院、聖マリアンナ医科大学などの有名病院が協力病院となっているため、1年目に基礎力を備えた後は、特殊症例数の多い大病院で経験を積むことも可能です。

コンサルトしやすい環境

中規模の病院であるため診療科ごとの垣根が低く、また、診療部長室以外の医局が1つであるため、研修医が非常にコンサルトしやすい環境です。
もちろん診療部長にも直に連絡を取ることができ、わからないことはすぐに解決できます。

定評のあるメディカルスタッフとのチーム医療

研修医を指導するのは、指導医ばかりではありません。
初期研修中は、看護やメディカルスタッフからもいろいろなことを吸収することができます。
当院は他の聖隷病院同様、メディカルスタッフの質の高さには定評があります。
その中で横断的に組織されたチームが提供する良質な医療サービスを経験してください。
(例えば、NSTは神奈川県でも先駆的に組織され、活発に活動しています)

指導体制

プログラム責任者 : 郷地英二(副院長 兼 外科部長 兼 研修管理委員長)

私どものプログラムでは、選択必修科目のうち麻酔科・外科を選ぶことを前提としております。これは外科志望を対象としているのではなく、内科系を志望される方にも、気管挿管技術や疼痛処置、全身管理などを知っていただくことが初期臨床研修の中で意義のあるものと考えるためです。
まず1年目は、内科(3科)を6カ月、外科系救急2カ月、内科系救急を2カ月、選択必修科目のうち麻酔科を2カ月まわっていただきます。
2年目は必修の地域医療のほか、選択必修科目のうち外科を2カ月まわり、残りの期間は聖隷横浜病院のほか、聖隷浜松病院・聖隷三方原病院、聖マリアンナ医大病院など豊富な症例数を有する施設から、個々の将来のビジョンに合わせた研修を選択することが可能です。
また、当院は横浜市一般2次救急拠点病院(B)として、横浜市保土ヶ谷区・西区・南区をはじめ横浜市内から多くの救急車を受け入れており、研修医は各科研修以外に通年ほぼ週一回、内科系・外科系・循環器系それぞれ1名ずつの指導医につきながら救急当直を行い、夜間救急診療を経験します。
こうした経験からプライマリー・ケアの現場で求められる即時判断の能力を養っていただきます。さらにその経験が、エビデンスに基づいた知識と技能になるように月2回症例の振り返り検討を行います。この症例カンファで経験症例のプレゼンテーションと討論の力をトレーニングします。

この研修制度が始まり、フレッシュな人材を迎えて診療現場は大いに活性化しています。各科指導医とも新しい研修医諸君の当プログラムへの参加を楽しみにしています。

診療科別指導責任者

診療科プログラム指導者診療科プログラム指導者
総合内科内田英二消化器内科吹田洋將
呼吸器内科小西建治腎臓・高血圧内科平出聡
内分泌・糖尿病内科神谷雄二心臓血管センター内科芦田和博
リウマチ・膠原病内科山田秀裕麻酔科木下真弓
外科郷地英二小児科北村勝彦
救急科山口裕之耳鼻咽喉科松井和夫
整形外科天野景治皮膚科椙山秀昭
呼吸器外科大内基史眼科榮木尚子
放射線診断科新美浩病理診断科末松直美

プログラムの管理運営

プログラムの管理運営は定期的に開催される医師臨床研修委員会で管理運営上の諸問題を検討する。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.